• ラブシグナルは、女性の性の悩みや美容に関する悩みを解決する総合メディアです。

ラブシグナル - Love Signal

告白されたい女性の為の好きな人から告白させる方法

告白されたい女性の為の好きな人から告白させる方法

  • 彼氏・好きな人に関する悩み

好きな人がいれば、やっぱり両想いになりたいですよね。

女性から告白するのはありだけど、やっぱり好きな人から「好き」と告白されたいもの。

あの「キュン」とする甘酸っぱい感情を体験したい女性は「どうしたら好きな彼から告白してもらえるか」考えるだけでドキドキしてしまいます。

まずは自分に興味をもってもらうことが第一条件ですし、そこから自分に気持ちを向けさせることが大変です。

多少は時間はかかりますが、好きな人から告白されたいのなら焦りは禁物。

じっくりと距離を縮めながら、その時を待ちましょう。

今回は好きな人から告白されるような女性になる、そして彼から告白してもらうノウハウについてお話します。

告白されたい女性の為の好きな人から告白させる方法

男性がどんなタイミングで告白するか、それを先ずは理解すること

男性は元来臆病なので、自分が告白して失敗したときに落ち込みが少ない、心身ともに充実した時期に女性にアプローチをすることが多いです。

告白しても必ず成功するわけではありませんし、女性のように「泣いて諦める」こともできないので、ふられても立ち直りが早い万全な体制でなければアプローチはしないのです。

仕事が充実している

プライベートな失敗も、仕事が充実していれば、それに打ち込むことで自分自身を高めて次につなげたいのが男性の考え方。

ダメなら仕事を頑張ることで、早くに傷を癒して「素敵な女性」に出会えるチャンスをつくるためです。

中途半端な関係を終わらせるため

友人以上恋人未満な関係は、お互いの為にも良くないことだと男性の方は考えているので、お互いに気持ちがありそうな時には「友達か恋人になるか」はっきりさせたくなるもの。

他の男性からアプローチされそうな時

タイミングを計っていた時に、他の男性が好きな女性に近づき始めると、少しでも早く告白しないと取られてしまうと危機感を感じるようです。

気持ちが通じ合っていると感じた時

お互いに気持ちがあり通じ合っていると感じた時、自分から告白することで前に進みたいと考えます。

何度か二人で出かけたりして「もっと側にいて欲しい」と感じると告白する男性が多いですね。

告白する男性心理から読み解くと、告白されたい女性もアプローチをするとベター

ここから考えられるのは、男性は女性から好意を寄せられていると感じていた場合には、告白するタイミングをしっかり考えているという事。

あとは、好きな人が一歩踏み出せるように、女性から「いつでも告白してね」のサインを送ることです。

さりげないサインを何度も送れば、鈍感な人でも必ず気づいてくれるはず。

待ってばかりでは、いつまでも告白してもらえませんので、告白されたい女性は彼のテンションを高めてあげるようにしましょう。

彼がアプローチしやすい女性になること

癒し系女子やゆるかわ女子がモテるのは、男性に安心感を抱かせるからです。

いくら彼のことが好きでも、いつも機嫌が悪かったり言葉が乱暴な女性には男性は声をかけにくいのです。

笑顔で明るい女性は、美人じゃなくても男性からモテます。

手が届きやすい女性であり、一緒にいると安心できる女性になれば自然に相手も引き込まれていくもの。

告白されたいなら、好きな人の前では、いつも笑顔で出しゃばらず相手の話をしっかりと聞くこと。

聞き上手な女性は、高ポイントで印象に残りやすいからです。

話し上手、周りを盛り上げる明るい女性は気軽に声をかけやすく、ボディタッチも嫌味がありません。

「こんな女の子いいな」と思われるような雰囲気づくりはもっとも大切なのです。

キメキメのメイクよりも、自然体で清潔感があることも大切。

美人である必要はありませんが、万人から好感をもたれるくらいのファツションやメイクはしっかりしておきましょう。

無理に気配り上手を演出するより、しぐさの美しさやマナーを男性は意外に見ています。

コミュニケーションができる機会をつくること

人間には「パーソナルスペース」があり、親しい間柄でない限りはそこに入られることを嫌います。

告白されやすい女性になるには、まずは正面から相手の目をみて話すようにし、隣で親しく会話ができるようになればかなり親密度は高くなります。

その為には、たくさん会話ができるチャンスを作り、自分の好意が相手に伝わらなくては意味がありません。

その回数が増えていけば、ふたりっきりになったり告白しやすいムードになるのは間違いありません。

チャンスは逃さない事

仕事がうまくいっていたり、成功した時には相手のテンションも高くなっているので、お祝いをしてあげたり労をねぎらってあげると気持が傾きやすいもの。

反対に落ち込んでいるときには、癒してあげたり励ましてあげるとグラッときます。

人の気持ちに付け入るようで、釈然としないかもしれませんが、嬉しい時や悲しい時には誰かに側にいて欲しくなるのが男性です。

そんなチャンスは有効に使い、告白のタイミングをつくってみましょう。

まとめ

内気な男性の場合には時間が掛かるかもしれませんが、焦って告白チャンスを逃すよりじっくりその時の為に自分のスキルアップしておくことも大切です。

総じて、告白されたいと思うなら、自分からのしっかりアプローチして、いつまでも待っているようではダメだということですね!

好きな人から告白したいと思わせるような素敵な女性になってください。


PAGE TOP