• ラブシグナルは、女性の性の悩みや美容に関する悩みを解決する総合メディアです。

ラブシグナル - Love Signal

敏感肌の赤みの原因と改善方法

敏感肌の赤みの原因と改善方法

  • 美容と健康

特に何もしていないのに、肌が急に赤くなってきたり、メイクをオフした後や洗顔後にヒリヒリしたり・・・

こうなるとメイクも出来なくなり、どうケアをして良いのか分からなくなりますね。

肌は非常に敏感で、ちょっとした刺激で荒れてしまいます。

自分では正しいと思っているスキンケアが敏感肌の原因になっているかも知れません。

敏感肌の赤みの原因と改善方法

あなたのスキンケア間違ってませんか?

肌がヒリヒリしたり、赤くなるのは角質層が薄くなっているのが原因です。

角質層は、コラーゲンやヒアルロン酸等の弾力や潤い成分で作られていますが、洗顔のし過ぎにより、肌のバリアが無くなると乾燥してしまい保湿成分が失われてしまいます。

このような肌を敏感肌と言いますが、生まれながらのアトピー肌のような敏感肌は殆どなく後天的に敏感肌になってしまう人が多いのです。

この原因にあるのは、間違ったスキンケアで洗顔のやり過ぎにより自前の肌バリアである油分を落としすぎる為に角質層が薄くなり赤くヒリヒリしてしまうのです。

肌の赤みやピリピリには保湿が大切

肌のバリア機能が低下している敏感肌には、保湿で内側からバリア機能を正常にする事が大切です。

赤みが広がってしまい、ローションがしみてしまうような場合には皮膚科での治療が必要です。

ほてり程度であれば、肌のターンオーバーを促すために保湿成分のあるスキンケアを行いましょう。

保湿成分には色々ありますが、肌を元気にする為には細胞の皮脂を増やす事が大切です。

ヒアルロン酸よりもセラミドの配合されている化粧品でケアを行いましょう。

セラミドは、肌の水分を増やすので乾燥してしまった肌にも効果的です。

メイクは控えて洗顔は無添加の石鹸で刺激を与えないようにします

赤みが炎症である場合には、メイクはパウダーを軽く乗せる程度にし、メイク落としを使わずに石鹸を良く泡立てて洗い流します。

泡で優しく洗うことが大切ですから、洗顔ネットを使いましょう。

100均で手にはいるので、石鹸をしっかり泡立てるのが大切。

ごしごしと肌をこすらないように気を付けてください。

保湿をしっかりして正常なターンオーバーを促します

肌に潤いがあれば、古い角質は剥がれ落ちて健康な角質細胞が生まれ美しい肌になります。

赤みやヒリヒリは、ターンオーバーが早すぎる為に細胞が育たない前に出来上がるので炎症を起こすのです。

弱い肌では、余分な皮脂が角質層に残るのでニキビの原因にもなります。

洗顔だけでなく、ピーリングのやりすぎも肌荒れの原因です。

先ずは、肌のターンオーバーが正常に働くように保湿を心掛けます。

洗顔時に刺激を感じるようなら、メイク以外は石鹸を使わない『ぬるま湯』だけの洗顔をやってみましょう。

就寝時の肌の汚れは、ぬるま湯で優しく落とせば落ちるものです。

バリア機能が落ちている肌に、洗顔で刺激を与えると更に肌の大切な皮脂を落としてしまいます。

冷水より、ぬるま湯で優しく汚れを落としてタオルで押さえるように拭き取ります。

肌の赤みにはビタミンCの化粧品でケアを!

肌が赤くなっているのは、炎症を起こしているからです。

炎症を押さえるには、抗酸化力のあるビタミンCを含む『ビタミンC誘導体』配合のローションが効果的です。

ヒリヒリと赤みが同時に起きている場合には、ビタミンC誘導体の化粧水とセラミドの美容液を併用すると良いでしょう。

特に高価なものは必要ないので、試供品を試して自分に合うものをチョイスしてください。

敏感肌の保湿のタイミングは湯上りに!

メイクオフや洗顔後に顔が突っ張る・カサカサするのは洗いすぎや、水分が直ぐに失われてしまうからです。

お風呂上がりは、蒸気でも肌が柔らかいので逃さずに直ぐに化粧水を肌に与えます。

コットンより手で押さえるように、優しく肌にローションを馴染ませます。

乾燥しやすい季節は、保湿力の高いパックでケアをすると水分が浸透しやすくなります。

化粧品がしみる!そんな時には迷わず皮膚科へ

保湿をやっても敏感肌用の化粧品すらも、刺激を感じるようであれば、炎症を確実に押さえて角質層を強くしバリア機能が正常になるような治療が必要です。

その為には、暫くはメイクを休んで皮膚科で処方される外用薬で肌を正常な状態にする事を考えましょう。

保湿そのものの効果が化粧品では表れないのは、肌の奥の炎症の問題なのでスキンケアでは解決しません。

皮膚科でも敏感肌用のスキンケア用品が用意されていますので、医師と相談してサンプルやトライアル等を利用してみるのも良いでしょう。

赤みやヒリヒリが治まると、メイクも出来るので肌を休ませてしっかり元気にしてあげるのも大切です。

まとめ

肌は毎日調子も変わるものです。

スキンケア用品は、肌のターンオーバーに合わせて使いきる事。

季節でも自分の肌がどのような状態か、鏡を見ながらチェックしましょう。

毎回同じ化粧品を使わずに、色々と試してみるのも赤みや敏感肌から守るためには必要です。


PAGE TOP