• ラブシグナルは、女性の性の悩みや美容に関する悩みを解決する総合メディアです。

ラブシグナル - Love Signal

色白肌に憧れる!どうしたら肌は白くなるの?

色白肌に憧れる!どうしたら肌は白くなるの?

  • 美容と健康

肌をきれいにしたい!という願いは、多くの女性が持っている願望ですよね。その中でも、肌を白くしたい、真っ白な透き通ったお肌になりたいという思いは熱いもの。街には美白化粧品や美白効果を謳うサプリがあふれ、肌を白くしたいという女性の願いの強さを表しています。

でも、本当に美白化粧品やサプリで肌は白くすることができるのでしょうか。また、数ある美白アイテムや美白ケアの中で、もっとも効果の高い方法はどれなのでしょうか。

ここでは、肌を白くしたいと願う女性へ、肌を白くする効果がきちんと見込める方法をお伝えします。

色白肌に憧れる!どうしたら肌は白くなるの?

肌を白く「する」と「見せる」の差を知る

はじめに、大切なことは肌を白く「する」ことと「見せる」ことの違いです。この違いを理解し、どちらも併用していくことで、美しい色白肌を自分のものにすることができるようになります。

肌を白く「する」は、美白効果のある基礎化粧品などを使って実際に肌そのもののくすみを取り、シミを薄くして美白効果を上げるものです。しかし、当然ながらこれには時間がかかります。一瞬で肌が真っ白に!などという魔法のようなことはあり得ないので、肌を白くするお手入れと同時に、普段から肌を白く「見せる」ケアも重要になるのです。

肌を白く「見せる」とは、下地クリームやファンデーションを使って、自然な透明感のある美肌を作ること。肌を白く「する」と「見せる」、どちらかだけではなく、両方を継続していくことが肝心なわけですね。

最初に見直すべきは、紫外線対策

肌を白くするには、まず真っ先に紫外線対策を見直しましょう。

どんなケアをしても、あっという間に肌が白くなることはありません。まずは今以上に日焼けをしてシミやくすみの原因を作らないよう、紫外線対策に力を入れます。

紫外線対策は年齢とともに手厚くする必要があり、ずっと同じやり方をしていては充分ではないので、加齢に応じて日焼け止めを変えたり、化粧下地から仕上げのパウダーまでの全てにUV効果を持ったアイテムを取り入れたりしましょう。これで、少なくとも今以上に肌が黒くなる心配はなくなるといえます。

肌を白くする基本を、丁寧に

そして、肌そのものを白くするためのケアを始めます。肌を白くするには総合的なお手入れが不可欠で、化粧水をはじめとした基礎化粧品だけのケアでもダメ。食べ物も、生活習慣も全てが大事です。

肌を白くする基礎化粧品は、有効美白成分が含まれているものを選択します。これが入っていないと、まず明確な美白効果は望めません。有効美白成分は美白効果に特化したアルブチン、抗酸化作用の高いビタミンC誘導体、メラニン生成を抑えこむプラセンタエキスなどがあり、人によって効き具合がまちまちなので、自分に合った製品を探す必要があります。数ヵ月続けてみれば、肌の変化がわかるはずです。

また、肌を白くする食べ物は、ビタミンCの含有量が多いものを意識してとりましょう。もちろん、そればかり食べていてもダメですが、パプリカやトマト、レモンやキウイなどを日常にプラスする。

夜はしっかりお風呂で温まり、夜更かしせずに睡眠をたっぷりとります。水分をこまめにとって、内から美肌を育てることも大切です。

肌を白く見せるコツ

そして、毎日のメイクで自然な白い肌を作りましょう。メイクでは肌を根本的に白くすることはできませんが、メイクで白い肌を作ると美肌を目指すモチベーションもぐっと上がります。

肌が白くなるには、素肌のくすみ感をカバーすることが重要。下地作りを丹念に行い、肌が白くなるクリームとして肌の質感を整えるBBクリームを二度塗りするといいでしょう。ファンデーションやパウダーは白浮きしすぎないものを選び、あくまでナチュラルな透明感を目指します。

ピンポイントでシミやそばかす、ニキビ痕があればコンシーラーで消し、顔の赤みやくすみが目立つ時はコントロールカラーを薄く使うのも手です。

肌が白くならない時は…

肌が白くなるには時間がかかり、また努力をしても効果が表れにくいこともあります。

「肌が白くなった!」と、少しでも早く実感したいものですが、なかなかそうはいきません。肌が生まれつき地黒の人や、紫外線を浴びていた蓄積がある場合、肌が白くならないままというケースもあるでしょう。

そんな時は、とっておきの方法としてビタミンC錠剤を試してみると、肌の透明感が目に見えてアップするかもしれません。ビタミンは薬に頼らず食べ物でとるのが一番ですが、積極的に肌を白くする方法としてビタミンC錠剤は非常に強力。シミが薄くなるなどの嬉しい口コミもたくさんあります。やはりサプリよりは、医薬品の錠剤が効くようです。

それから、もうひと工夫で肌を白く見せるコツとして、口紅の色を鮮やかな赤系にして顔の肌を引き立てる、顔色が明るく見える服を選ぶ、シェービングを取り入れてメイクの乗りを良くするなども効果を発揮します。

なお、急激に肌の色が抜けた場合は、尋常性白斑といって病気の可能性がありますので、その場合は医師の診察を仰ぎましょう。健康的に肌が白くなる方法は、多角的な方向からの実践とトライ&エラーが導きます。すぐに諦めず、理想の色白肌を目指して頑張っていくことが大切ですね。


PAGE TOP