• ラブシグナルは、女性の性の悩みや美容に関する悩みを解決する総合メディアです。

ラブシグナル - Love Signal

生理前に体重が増えるのはどうして?体重を増やさないためには?

生理前に体重が増えるのはどうして?体重を増やさないためには?

  • ダイエットに関する悩み

生理は女性にとって毎月のものですが、生理期間そのものもさることながら、生理前に起こるさまざまな不調も悩みになる場合が多いですね。

生理前の不調の中でも特に気がかりなのは、やっぱり体重が増えがちになることではないでしょうか。

ここでは、生理前に体重が増えやすいメカニズムと、体重増加への対処法を合わせてお話していきます。

生理前に体重が増えるのはどうして?体重を増やさないためには?

生理前に体重が増える原因と理由は?

女性の身体は、そのリズムに沿ってホルモンのバランスが周期的に変わり、健康な女性であれば閉経を迎えるまで毎月そのリズムが繰り返されます。

これは、女性の身体が妊娠に備えるために必要な働きで、ホルモンバランスの変動もそのために起こり、女性の身体にいろいろな作用を及ぼします。

生理前の時期は、黄体ホルモンが優勢になる黄体期と呼ばれ、身体が妊娠に備えて「ためこむ」働きを強くします。その結果、どうしても身体がむくみやすくなったり、通常時に比べて太りやすくなります。便秘がちになるのもこの働きの影響です。

加えて、個人差はありますが黄体ホルモンの作用で食欲も旺盛になり、普段より甘いものが食べたくなったり、なぜか無性に間食したくなったりもします。

それらが重なることで、生理前に体重が増えてしまうケースが多くなるのですね。

生理前の体重増は「自然なこと」

ある意味では「生理前は体重増える!」という女性の悩みは、仕方のないことだともいえます。

妊娠に備える身体のメカニズムが原因なわけですから、「体重増やさないようにしよう!」といくら頭で考えても、どうにもならない部分もあるのです。

生理前の時期はこの女性特有の身体の働きで、当然ダイエットなども結果が出にくくなります。

力を入れてダイエットに励んでいる女性にとっては、この生理前の時期は非常に悩ましいもので、気をつけていても「体重減らないどころか増えてる!」という事態になりやすいのです。

しかし、むくみやすい生理前は、仮に体重が増えてもその多くはためこんだ水分であるともいわれ、その体重増は本来そこまで気にしなくていいものなのです。

「体重増えないでほしいのに…」と落ち込んだり焦ったりすると、そのストレスがかえって、さらなる体重増加を招きかねません。

生理前はナーバスになりやすい時でもあるので、あまり神経質にならないようにしましょう。

体重増加を防ぐには

身体のホルモンが理由なら仕方ないと思いはしても、それでもできる限り、生理前の体重増加は阻止したいところですよね。

生理前に体重が増えるのを防ぐには、まずは身体を冷やさないことが絶対条件

ただでさえむくみやすい時なので、身体を冷やしてしまうとむくみが悪化し、さらに血行も悪くなり、痩せにくく太りやすい状態に陥ってしまいます。

できるだけ防寒をして身体を冷えから守り、特に下半身は冷やさないことを徹底しましょう。

生理前は基礎体温のグラフでいえば高温期ですから、体温は高めに推移し、寒さは体感的にはあまり感じないかもしれません。

しかし、身体を暖める習慣作りはむくみを軽くして痩せやすい状態をキープし、生理痛の緩和や生理後の体重減にも大きく役立つので、生理前はお風呂でゆっくり温まることがおすすめ。

心身をリラックスさせてストレス解消や気分転換にもなり、PMS(月経前症候群)の症状を軽減するにもいいのです。

ゆったりと半身浴をするのも気持ちいいですが、最後は必ずしっかり肩まで温まるようにし、むくみやすい時期でも、お風呂の前後の水分補給は必ず行いましょう。

生理後、増えた体重は戻る?

生理中は体調も本調子ではなく、体重の戻りよりも痛みや気分の悪さに意識がいきますよね。

そうして生理が終われば、調子も上向きとなりアクティブに過ごせるようになりますが、そこで気になるのは「増えた体重はいつ戻るの?いつから戻るの?」という点。

生理はデトックス、ともいわれるように、生理が終息に近づいてむくみが解消されていけば、自然とためこまれていた水分も排出され、身体が軽くなったように感じるはずです。

まして生理のあとは卵胞ホルモンが優勢になる卵胞期、痩せやすい時期に入るため、食欲も落ち着いてダイエットも効果が表れやすくなるのです。

「嘘!体重減らないしむしろまたさらに増えてるんだけど!」という場合は、残念ながら生理前の食べすぎや運動不足などが原因で、むくみではなくしっかりお肉と体脂肪がついてしまったものと思われます。

生理前のむくみで一時的に体重が増加していただけの場合なら、増えた分が生理後も戻らないまま、ということはありません。

生理前の切り札?豆乳ダイエット

そして、体重増減を抑えたい、体重を増やさないでいたい、という場合は、生理前豆乳ダイエットと呼ばれる奥の手があります。

これは生理前の期間に毎日コップ1杯程度の豆乳を飲むことで、食欲をコントロールし生理前のむくみも最小限にとどめるというダイエット法です。

実際、豆乳は大豆が原料で栄養価も豊富ですし、飲み物としては満腹感もかなりありますので、これは生理前の体重増を防ぐ有効な方法のひとつといえます。

ただ、豆乳には大豆イソフラボンといわれる成分が含まれ、この成分が女性ホルモンと近い作用をもたらすことで、とりすぎるとホルモンのバランスを崩してしまう場合もあります。

豆乳は一日コップ1杯程度にし、またできれば温めて飲んだり、豆乳鍋などの料理として摂取する方がおすすめです。

女性の生涯で長く付き合っていく生理。体重増加の問題にもうまく向きあいながら、ストレスなく過ごしていきたいですね。


PAGE TOP