• ラブシグナルは、女性の性の悩みや美容に関する悩みを解決する総合メディアです。

ラブシグナル - Love Signal

結婚したいけどなかなか踏み切れない…迷ってる女性へのアドバイスまとめ

結婚したいけどなかなか踏み切れない…迷ってる女性へのアドバイスまとめ

  • 彼氏・好きな人に関する悩み

結婚したい、という気持ちは、ある程度の年齢になると定期的に湧いてくるものです。

幸せな結婚をする筋書きの映画やテレビドラマ、ドキュメンタリー番組などを観た時、友人や身内が結婚することになった時など、「私も結婚したいなー!」と強く感じた経験を持つ独身女性は少なくないと思います。

でも、そういった憧れはあっても、実際に結婚する?となると、また違うものですよね。

あんなに結婚したいと思っていたのに、いざ結婚を視野に入れ始めると何だかためらってしまう……。
今回はそんな、結婚したいけどなかなか踏み切れない!と感じている女性をサポートするアドバイス集をお届けします。

結婚したいけどなかなか踏み切れない…迷ってる女性へのアドバイスまとめ

結婚に踏み切れない理由

結婚したい!と憧れている気持ちは本当なのに、どうして踏み切れなくなってしまうのでしょう。

交際している彼氏がいて、その男性ともうまくいっていて、「この人と結婚したいな」と本心から感じていたとしても、結婚が目の前に来るとなぜか踏み切れなくなってしまう。

結婚に踏み切れない理由はやはり、「現状を変えることへの不安」が大きいからだといえます。どんなに結婚に憧れていても、結婚したいと心から感じていても、結婚するとなるとそれまでの日常が大きく変化することになります。

人間は、どんな環境や境遇にも慣れていくものではありますが、それでも、生活が一変するような事態には戸惑いをおぼえるものです。

それが、好きな人とずっと一緒にいられる結婚で、幸せな出来事なのだとしても、心は「変化」に対して不安と、抵抗を感じてしまうのです。

マリッジブルーだとかマタニティブルーなども、そうした変化に対して揺らぎやすい心の動きの影響といえます。

また、こうした変化への不安は、年齢を重ねるごとに顕著になっていく傾向があります。

どうしたら結婚に踏み切れる?

結婚になかなか踏み切れない心理は、男女を問わず感じることのある感情です。
でもある意味では、この踏み切れない気持ちというのも大切なものでもあります。

結婚となれば責任が出てきますし、お互いの家や親族も関わる重大事で、恋愛とは異なり相手をただ好きなだけではうまくいかないもの。

勢いに流されて結婚してしまうのは考えものですから、簡単に踏み切れないのは慎重さの表れで、プラスな側面ともいえるのです。
相手と自分の幸せをよく考えて、時期やライフスタイルも考慮し、結婚を冷静に判断したいものですね。

その上で、結婚に踏み切れない思いを打破していくには、相手の対応・言動も鍵になります。

もっともスムーズにことが進むのは、女性側に結婚に踏み切れない迷いが多少あっても、男性がある日プロポーズをしてくれて、それを女性が受けるという形。

彼氏からのプロポーズはどんなにベタでも、感動的でドラマチックなものです。
人生でそう何度もされることのないプロポーズを、好きな男性からされたとしたら、結婚への迷いやためらいなんてどこかへ飛んでいってしまいます。

しかし、彼氏も結婚に踏み切ることができずにまごまごしている状態の場合は、この解決方法は期待できません。

「彼女のことは好きだけど、結婚ってのはまだ早いのかな」
「結婚したあとの生活考えたら不安だな」
「プロポーズなんて恥ずかしいし、もし断られたらかっこ悪いし……」

などと、彼氏が戸惑っている場合、お互いが結婚に踏み切れない現状に、変化は起こりようがありません。こういう時、女性側はだんだん焦りも出てきて、つい行動を急いでしまいがちになります。

特によくあるのが、彼氏に何とか結婚を意識をさせようと結婚や出産にまつわる話題ばかり振ったり、結婚情報誌を買ってきて彼氏の目につくところに置いておいたり、急に保険の見直しなどの話を始めたりするケース。

彼氏に結婚のことを真剣に考えてほしい気持ちはわかりますが、女性が突然こういう行動に出るのはほとんどの場合、残念ながら逆効果になってしまいます。

男性は、女性が結婚について焦り始めると、ちょっと引いてしまうというか、逃げ出したくなってしまうのです。
結果、別れることになってしまったり、いつの間にか自然消滅を招きやすくなってしまいます。
何でもそうですが、結婚についても焦りは禁物ということですね。

幸せな結婚に踏み切るために

では、どうすればより良いかたちで結婚に踏み切ることができるようになるのでしょう。それは、「自分(と相手)の幸せとは何か?」を考えることから始まります。

いろいろな幸せのかたちがありますが、その幸せの展望図の中に相手の存在はどのくらいあるか。「この人と一緒なら幸せ」「この人とずっと一緒にいたい」「家庭を築くならこの人とがいい」と相手のことを思えるかどうか。

結婚したい!と焦ると、視野が狭くなる上に冷静な判断がしにくくなりますから、一度じっくり自分と相手の幸せについて、思いを巡らせてみてくださいね。そうして、相手がずっと一緒にいたい人だったと深く感じたら、その気持ちを正直に打ち明けてみましょう。

相手も同じ気持ちなら、自然と二人の思いは、幸せな結婚に踏み切る覚悟を固められるはずです。

何よりも大切なのは、結婚によって始まる二人の将来が幸せなことなのですから。
一人でも多くの方が、幸せな結婚に踏み切れるようお祈りしています。


PAGE TOP