• ラブシグナルは、女性の性の悩みや美容に関する悩みを解決する総合メディアです。

ラブシグナル - Love Signal

彼氏が童貞の場合の上手な誘い方やリードの仕方

彼氏が童貞の場合の上手な誘い方やリードの仕方

  • 性に関する悩み

年下の彼氏であったり、恋愛経験はあるけれどそこまでには至らず未経験で童貞ある事を告白されてしまったなど、人生で童貞の彼氏と付き合う機会がないとも限りません。

自分に経験がある、ないに関わらず「彼氏のプライド」や「不安な気持ち」を考えるとどのように誘いリードすれば良いのだろうと考えてしまいます。

もし彼が童貞だったら・・・どのように良い関係を繋いでいきますか?

彼氏が童貞の場合の上手な誘い方やリードの仕方

相手の気持になって考えてみよう

自分に経験があればリードすれば良いのですが、どうすれば相手を自然に誘えば良いのか分かりませんよね。

自分が初めてな時には彼氏がリードしてくれたので、安心して身を任せることができましたが、今度は自分がその立場になると「女性からリードしても良いのか」迷う事もあると思います。

二人が心から繋がりたい気持ちがあれば、それは自然なことですし無理に誘うよりも彼の心の準備ができた時に行為に及ぶのが一番ではないでしょうか。

自分が不安だったように、彼氏も不安でいっぱいなはず。

気持ちが一つになったときにゆっくりと体を重ねていきましょう。

彼氏のペースを考えて誘ってみる

童貞の男性は緊張していますから、彼女が急にその気になっても対応ができません。

彼氏の気持ちが盛り上がって求められた時に、ゆっくりとリードしていきましょう。

最初から上手くはいきませんから、焦らせたり上手くいかなくても追い詰めたりしないこと。

最初はベットで抱き合ったりキスしたりしながら「触れ合う」事を中心に彼氏の気持をリラックスさせていきます。

挿入までいかなくても「すごく気持ちよかった」「幸せな気分になれる」と伝えて自信をもたせてあげる事が大切です。

反対に焦らしたりしてしまうと自信を喪失させる事になってしまいますから、自分が受け入れることができない日にはそんなムードにならないようなデートをすることも考えてあげると良いですね。

彼を素敵な男性にしてあげようと大きな心でいること

女性に経験があるとなにかと仕切ってしまいがちですが、彼を素敵な男性として自分が育てていく意識を持つと相手もリラックスできます。

「こうして」「ああして」ではなく「こうしてくれると嬉しいな」と相手が童貞であろうと甘えてみる事。

ぎこちない愛撫でも相手は真剣ですから「もう少し優しくしてくれるともっと気持ちがいいの」とか「さっきのは感じちゃった」とか、自信が持てるように言葉でリードしていきましょう。

最初はノーマルなセックスから

童貞の男性は、雑誌やAVなどの知識だけでセックスを考えているので、実際のセックスとのギヤップに戸惑いを覚える事が多いです。

最初からオーラルセックスを強要したりせず、本人がそれを望むならゆったりリードしていきましょう。

あまりテクニックを披露すると、自信喪失どころがドン引きです。

処女のふりはしなくても良いのですが、自分の感じるところにそっと手を添えたり言葉でゆっくり相手が行為に及べるようにリードしていきましょう。

変わった体位を試したい童貞彼氏にも、それはやんわりと断りながら正常位でセックスを楽しむことから始めるのが良いと思いますよ。

避妊はしっかりすること

大切なのは避妊の知識。

性病予防や妊娠を避けるためだけでなく童貞彼氏にはコンドームを正しく使う知識をしっかり植え付けるべき。

コンドームをすると快感が鈍るとか、中だししなければ妊娠しないなどの間違った知識は最初にしっかり正しましょう。

自分がピルを飲んでいたとしても、童貞彼氏との最初のセックスは必ずコンドームを使用すること。

そして、セックスにはコンドームは必要なのだということも学習してもらうのが大切です。

ムード作りも大事なファクターの1つ

あまり真っ暗にするよりも、薄明りでお互いの体を見られるようにしておくのも緊張感を和らげます。

少し恥ずかしがったり、モジモジしながら「ドキドキするね」といえば、自分だけが緊張しているのではないとリラックスできます。

なんでも「こうして」とかではなく相手に任せるマグロ状態になっておくのもポイント。

相手が自然に彼女に触れられるような環境にすれば、緊張もしませんしスムーズにセックスすることができますよ。

まとめ

ある程度慣れてくると、無理な体位や変わったプレイをやりたくなるものです。

すぐにはこのような事に対応せず、もっと気持ちを盛り上げるようなセックスを楽しんでからがいいですね。

テクニックは、経験を重ねることで上手になっていきますので焦らずゆっくり二人で積み上げていくこと。

一度経験すると貪欲になり、毎回求めてくるかもしれません。

女性にはリズムがあり、その気になれない時があることもやんわりと教えていってあげてください。

そして余韻を楽しむことがセックスの最高点であることも、じっくりとお互いに考えていってはどうでしょう。

人生で、こんなチャンスはなかなかありませんし彼がどんどん成長していく姿をみるとドキドキが止まらなくなりますよ。


PAGE TOP