• ラブシグナルは、女性の性の悩みや美容に関する悩みを解決する総合メディアです。

ラブシグナル - Love Signal

飲酒が生理中に及ぼす影響とは?実はアルコールが原因だった!?

飲酒が生理中に及ぼす影響とは?実はアルコールが原因だった!?

  • 生理に関する悩み

会社の付き合いで急に飲み会に出る事になった時に「生理中なのに嫌だな」とか、サークルや合コンが生理に重なってしまい途中でリタイアした記憶はありませんか?

ただでさえ調子が悪いのにお酒を飲むと悪酔いしたり、頭痛が起こるなんて事もあります。

生理中に体調を崩すのは飲酒が原因である事が多いような・・・と思った人はこれを良く読んで参考にしてください。

飲酒が生理中に及ぼす影響とは?実はアルコールが原因だった!?

控えめにしても酔いやすい・・・生理中の飲酒は何が起こってる?

生理は排卵したにも関わらず妊娠しなかった為に、体は不用なものを排出して正常な状態にする為の期間です。

当然体の機能全体が弱っていますから、ちょっとしたことでイライラしたり疲れやすいし調子も悪くなります。

これは黄体ホルモンが盛んに分泌される事により、肝臓の解毒作用が低下している事も原因です。

肝臓の働きが弱ると、体に不用なものを排出する力が鈍るだけでなく、ストレスにも弱くなります。

血液が体内から失われてしまっても、直ぐに増えるわけではないですから、飲酒により血液中のアルコール濃度が高くなり肝臓がそれを分解できなくなっているのです。

肝臓機能の低下は、アセトアルデヒトを血液の中に多く残してしまうので、頭痛や二日酔い、嘔吐を起こしやすくなります。

いつもよりもお酒が回るのが早かったり、眠くなるのは体が疲れている証拠。

自分は気づいていませんが、生理で調子が悪くなっている証拠です。

飲酒で経血が増えたり生理痛もいつもより重くなります

寒い冬はちょっと温かい熱燗やホットウイスキーが美味しいのですが、外に出ると「ガタガタブルブル」震えてしまうことはありませんか?

飲酒は一定時間は体が温まる気がしますが、次第に血管が収縮し体が冷えていきます。

体が冷えると痛みを引き出すプロスタグランジンが分泌されるので、急に生理痛が強くなりますし経血も増えていきます。

経血が増えれば、体は貧血状態になるので、立ちくらみも起きやすくなるのです。

同時に子宮の冷えも強くなるので、吐き気もおこりますし眠気も起きやすいです。

ところが自律神経が乱れているので「良い睡眠」が取れていません。

これに飲酒を繰り返すと「生理と二日酔いのダブルパンチ」で、起きることも出来ずに1日を過ごすはめになってしまいます。

生理中は内臓機能が低下している事やホルモンバランスの乱れ、自律神経の不安定などがあるので、できるだけ飲酒を控える事をおすすめします。

どうしても飲酒しなくてはいけない時にはどうすれば良いの?

合コンやサークルの飲み会は出来れば体調が悪いと断るべき。

万が一、具合が悪くなると周りに迷惑が掛かります。

人数の事もあるので「断れない」「会社の飲み会」のような場合は以下に気をつけるようにしましょう。

  • 同性の友人や同僚に一言かける
  • 食べ過ぎに注意をする
  • お腹を締め付けないファッション
  • お腹回りは冷やさないようにする

女性の苦しさは女性にしか分かりません。

仲良しの友人や先輩に「実は今日は生理であまり飲めません」と一言伝えておけば、然り気無いフォローもしてもらえます。

飲酒量だけでなく、食べ過ぎると吐き気が強くなります。

タンパク質の多い食べ物は、肝臓でアルコール分解を助けますが、これは体が正常である事が条件。

生理の時には、やみくもに食べて気分が悪くなるだけです。

飲酒を控えて、体を冷やさない食べ物をしっかり食べる事で体調管理ができます。

スキニーパンツのように、お腹回りを締め付けてしまうと子宮の血行が悪くなり生理痛が酷くなります。

リラックスできる服装で、お腹をゆったりさせ体調が悪くならないようにすべし。

鎮痛剤等の薬との飲みあわせは?

飲酒前にサプリや薬を飲んでいる場合、飲酒には十分な注意が必要です。

サプリは薬ではないので問題はありませんが、薬となると大問題。

基本的にピルを飲んでいる間、生理は来ないので飲酒中も問題なし。

鎮痛剤については、胃だけでなく肝臓に負担がかかりやすくなるので、嘔吐や頭痛が起きやすくなります。

鎮痛剤を朝や昼に飲んだ場合、適量なら問題はありませんが「飲み会の為に鎮痛剤を飲む」のはやめましょう。

鎮痛剤だけでなく、持病がある人は医師と相談してください。

飲酒は体と相談して!お酒は百薬の長とも言いますが、飲みすぎは健康被害をもたらします。

特に女性の生理は、個人差があるので「前は大丈夫」でも急に体調が悪くなる事もあります。

また過ぎた飲酒は、体を冷やしてしまいますから子宮に血液がいかなくなりホルモンが上手く機能しなくなります。

そうなると生理そのものが来なくなったり、妊娠しにくい体になってしまいます。

後で後悔しない為にも、生理中の飲酒はできるだけ控えるようにして女性としての機能がしっかりと働くようにしてください。

まとめ

お酒はたしなみとして楽しむものです。

体調が悪いのに無理にお酒を飲むよりも、調子が良い時にワイワイと楽しむようにしたいもの。

特に調子は悪くないからと甘く考えていると、とたんに生理が酷くなるだけでなく後悔する事になります。

飲酒は程ほどに、体を第一に考えましょう。


PAGE TOP