• ラブシグナルは、女性の性の悩みや美容に関する悩みを解決する総合メディアです。

ラブシグナル - Love Signal

朝の顔のむくみがひどい!解消方法ってあるの?

朝の顔のむくみがひどい!解消方法ってあるの?

  • 美容と健康

女性の悩みの1つである「むくみ」は、全身にあらわれますが、顔のむくみは、朝メイクをする時に顕著に確認することができるので「パンパンだ!」とびっくりしてしまいますね。

とにかく目につきやすい、朝の顔のむくみは早く解決したいもの。

今回は顔のむくみの原因と解決方法について詳しく解説していきましょう。

朝の顔のむくみがひどい!解消方法ってあるの?

顔はなぜむくむの?他もむくんでる?

むくみは、血行やリンパ液の滞りによってあらわれてきます。

血液中の水分が、何かの原因で顔に集中してしまうとパンパンにむくみます。

通常は、血液は全身を循環し心臓に戻っていくのですが、「寝不足」「冷え」「塩分や水分の摂りすぎ」「ストレス」「姿勢」など色んな原因が絡むと起こってしまいます。

特に飲んだ日の翌日は、睡眠不足と塩分やアルコールによる冷え、水分不足にとって循環が悪くなり顔がむくみやすくなっています。

見た目でわかりやすいので顔に出ていると感じるだけで、実は全身がむくんでいることが多いので注意しましょう。

老廃物がスムーズに排出されていれば、むくむことはないのですが、アルコールの摂取で水分が流れていかないことが主な原因です。

アルコールは、血液中のアルコール濃度を高くし血管を拡張してしまいます。

血管が広がると血液の流れがゆっくりになり顔にむくみが出やすくなるのです。

むくみの改善にと、朝風呂に入ってもむくみが引かないのは、お風呂によって表面の水分だけが失われるの為で、なかなか「むくみ」はなおらないのです。

顔は朝だけむくんでる!昼にはスッキリします

顔がむくんでいるのは朝が多いのですが、むくみの原因は水分ですから、休日に起きていれば重力で水分が下に下がって昼には治っていることが多いです。

朝の顔のむくみは、寝ている時に体が平行になっていて、水分が顔にも残ってしまうからです。

前日にお酒をたくさん飲んでも、水を同じ量飲めば尿で排出されていきますが、夕方になると重力で水分が脚にたまってしまいます。

お酒を飲んだ翌日は、顔のむくみだけでなく脚のむくみにも気をつけましょう。

朝の顔のむくみ対策は?やっぱりマッサージ?

むくみ対策は、顔に溜まった水分を流して解消します。

顔から首にかけてのリンパマッサージが効果的です。

リンパの流れをスムーズにする為に、首を回して水分が抜けやすくなるようにしていきましょう。

鎖骨の上のくぼみに両指を入れて、左右それぞれ20回ほど押してみましょう。

力加減は気持ちが良い程度で構いません。

ここは、固くなりやすく、こっていると肩こりや首こりまで引き起こすので、パソコン仕事などの人は休憩中にマッサージしておくと気持が良くなります。

ここからが、顔もむくみに大切なマッサージです。

ボディクリームなどを使って、肌に刺激を与えないようにします。

あごの下から、耳の上に向けて親指をぐっと押し上げます。

ここもこりやすいので気持ちが良いのですが、やりすぎはよくないので10回くらいで終らせてください。

次は耳の後ろ側から首筋にかけて、顔の水分を押し出すイメージで下げていきます。

鎖骨の方までしっかりやればずいぶんと顔がスッキリしますよ。

ついでに気分もスッキリさせましょう

顔のむくみが治まったら、首や肩、肩甲骨も回して、より水分が流れやすくなるようにすると気分もすっきりして体が軽く感じます。

時間があれば全身のストレッチも行い、脚のむくみが起きないようにしておくと良いですね。

顔のマッサージをしたら、水をたっぷり飲んで老廃物をしっかり排出できるようにしておきます。

むくみを怖がるあまり、水分を取らない人がいますが、逆効果になるので前日のお酒を早く流し出す為にも水はしっかり飲んでおくこと。

お酒はほどほどにするのが一番ですが、お酒だけでなく塩分の高い食事をするとよりむくみが酷くなります。

お酒のつまみは脂質や塩分が多い為、よりむくみが酷くなってしまいますので、気をつけておくと悩みもそう起きることはありません。

ミネラルが豊富な水を就寝前に飲んだり、お酒を飲んだときにはカリウムの多いバナナなどの果物を食べると良いでしょう。

まとめ

顔がむくまないようにするには、予防することも大切です。

日頃から塩分が多い食事ばかりしていると、体に水分が蓄積されやすくなり、むくみが頻繁に起きるようになってしまいます。

朝食にバナナやリンゴなど、カリウムが豊富なものを食べておけば、全身のむくみ対策にもなりますので、マッサージして慌ててメイクして出かけず、しっかり朝食を食べるようにすることも忘れないようにしたいですね。

むくみがマッサージしてもとれない、翌日も残っているようなら腎臓機能が弱っている病気の可能性もあります。

体内の塩分濃度が何時も高いと、糖尿病などの生活習慣病になってしまうことも考えられますので、日頃から食事のバランスや減塩・糖質カットなども心掛けておいてください。

むくみはメイクでは誤魔化しが効きませんので、しっかり予防とケアで嫌な顔のむくみが出ないようにすること。

休憩時間はできるだけ体を伸ばして脚に水分が滞ってしまないようにしましょう。


PAGE TOP