• ラブシグナルは、女性の性の悩みや美容に関する悩みを解決する総合メディアです。

ラブシグナル - Love Signal

生理中の眠気がひどい原因と対処法ってあるの?

生理中の眠気がひどい原因と対処法ってあるの?

  • 生理に関する悩み

女性なら、生理中の眠気を強く感じたことは何度もあると思います。

この眠気は、生理前から始まり生理中がピークになるのですが、ひどい人は「立っていられない」「倒れこむくらいに眠気が強い」人もいるようです。

休日なら眠れば治まりますが、授業中や仕事中に毎回起きてしまうと「病気かもしれない」と不安に感じることもあるでしょう。

生理中の眠気の原因はどこからきて、どうすれば治まり、生理中を快適に過ごせるのでしょう。
調べてみました。

生理中の眠気がひどい原因と対処法ってあるの?

生理中の眠気はホルモンが関係していた

女性の生理の周期は、ホルモンの分泌の切り替わりが関わっています。

生理が終わって次の排卵が起きるまでは、卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌され、肌の調子も良くアクティブな毎日が送れるようになります。

基礎体温は低温期で、ここから次回の排卵が始まる黄体期には、黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌され基礎体温も高温期に入っていきます。

この辺りから、肌荒れや気分の落ち込み、頭痛や眠気を感じるようになり、生理が始まる頃には食欲が旺盛になることもあるようです。

お風呂に入ったあとあくびがでたり、眠気が起きる事はありませんか?

体温が上昇した状態から平温に下がると、人は眠気を感じやすくなるのです。

登山で遭難すると「眠くなる」シーンをドラマや映画で見たことがあると思いますが、あれも同じ原理で、急激な体温の低下が起こり眠くなってしまうのです。

生理前から黄体ホルモンは盛んになるので、この期間は体温も高くなったまま、睡眠中の体温変化もあまりありません。

生理中には黄体ホルモンが多く分泌されていますから、睡眠中の体温が上手くコントロールできず、睡眠中の体温低下が起きない為に熟睡出来ていないので、昼間に眠気が強くあらわれてしまうわけです。

生理中の眠気はどうにもできないの?

生理がある以上、眠気の強度はあるものの、やはり眠気を日中に感じてしまうと生活リズムが狂ってしまい、夜に眠れない不眠症になってしまう事もあります。

一度崩れたリズムは取り戻すのが非常に大変ですし、生活の質が低下すると肌にも影響が出てきます。

なんとかして眠気を改善するなら、自分の眠気が一番強く感じるのがどの周期なのか、基礎体温をしっかり計測しましょう。

意外に、基礎体温計をしっかり計っていない女性が多いのですが、体調管理の意味でも毎月計測するようにしましょう。

生理中のどの辺りが一番眠気があらわれやすいのか、自分の体調を管理することで「その時期には注意して過ごす」ようにすることができます。

眠気の周期が確定したら生活習慣を組んでみましよう

寝る前にストレッチなどで血行を促しておく

無理に強い運動をする必要はありませんが、足首を回したり背伸びをしたりして全身を軽く動かしてみましょう。

ストレッチは体をリラックスさせる効果がありますので就寝1時間前に行うのがおススメです。

パソコンやスマホはお休みする

ブルーライトは自律神経を興奮させてしまうので、余計に夜に眠れなくなってしまいます。

30分前には、リラックスできる状態にしておきましょう。

テレビも同じですから、生理中は少し控えめにしてはいかがでしょうか。

就寝時間を決める

夜にしっかり眠れないと、昼間は必ず眠気がおきます。

生理中はできるだけ早くに眠りについて朝日を浴びたいので、就寝時間を決めてリズムよく生活できるようにしておきましょう。

寝る前にカフェインが含まれる飲み物を避けること

何か飲むならホットミルクが良いですよ。

紅茶や緑茶にはカフェインが含まれていますから余計に眠れなくなり、昼間に眠くなってしまいます。

小腹が減っても、我慢することも大切。

満腹になると眠くはなりますが、消化しきれず熟睡を妨げられますので食事は遅くても9時までに済ませましょう。

それでも眠気が治まらないなら病院で相談してみましょう

生理の眠気くらいで婦人科にいくのはためらってしまいますが、毎月眠気がおさまらず仕事にも支障がでるなら「月経前症候群」であることも考えられます。

生理前や生理中の強い眠気や不眠は症状として認知されていますので、ピルを服用して生理周期を安定させたりコントロールすることで、眠気が改善されることもありますし、漢方薬を使い体質改善やホルモンバランスを正常にする、血行改善で治まることもあります。

自分のライフスタイルに合わせて、治療法を選べますので恥ずかしがらずカウンセリングを受けてみましょう。

まとめ

生理中はどうしても体調や精神状態も不安定になりやすいので、昼間の強い眠気を我慢することで疲労感がでたり昼と夜が逆転してしまう事で、不眠になり生理周期が不安定になってしまう事もあります。

「生理中は眠いよね」と女性同士で話すことはあると思いますが、眠気の度合いがあまりにもおかしい場合にはやはり婦人科に相談するのが一番最適です。

調子が悪い事を生理のせいにして過ごしても治る事はありません。

生理中は無理をしないこと、出来るだけ体と心を休めてリラックスできる時間を作る事を考えましょう。

立っていられない、倒れ込みそうなくらいに眠い時は、夜の睡眠に支障が出ない程度に休み、自宅でぐっすり眠る事。

3ヶ月以上続くのであれば、病院で診察を受けるとよいですね。


PAGE TOP