• ラブシグナルは、女性の性の悩みや美容に関する悩みを解決する総合メディアです。

ラブシグナル - Love Signal

遠距離恋愛の男性心理とは?男性の気持ち(本音)教えます

遠距離恋愛の男性心理とは?男性の気持ち(本音)教えます

  • 知りたい男性心理
男性は遠距離恋愛についてどう思っているの!?

離れていたくなくても、進学や就職で離ればなれになってしまう恋人同士。

本当は行かないで!と言いたいけれど、嫌われたくないから我慢する人も多いでしょう。

会えば甘えたいし、これからもラブラブでいたい・・・
でも彼氏の本音は?
もしかしたら別れた方が良いかな?なんて考えてない?

そんな風に不安になりますね。

遠距離恋愛でも見事に結婚までゴールインするカップルもいるのですよ。

自分だけがカリカリして、好きで好きで仕方がないなんて・・・
そんな女性の為に男性は遠距離恋愛中何を考えているのか、遠距離恋愛における男性心理について調べてみました。

遠距離恋愛の男性心理とは?男性の気持ち(本音)教えます

男性の本音「仕事と私、どっちが大事なの!」は勘弁して欲しい

遠距離恋愛でなくても、仕事で忙しい男性についつい投げつけてしまう言葉あるある。

仕事と恋人を天秤にかけられるわけがないのは、女性でも同じこと。

責任があればある程に、キャリアがあればある程に、仕事は自分の生活を支える大切な糧であることも理解できるはず。

頭では理解しても、ついつい口に出てしまうこのフレーズ……

男性からすれば「おいおい勘弁してくれ」って感じでしょう。

この一言は、男性の本音から言うと絶対に言われたくない言葉のひとつ。

デート代金も交通費も、仕事をするから出せるわけで、大手を振って彼女に会うために仕事も頑張れるもの。

とくに男性は小まめに連絡を取るのは苦手なので、仕事が忙しいと連絡も遅れがちです。

たまに「連絡ないから寂しかった」くらいは可愛いと思っても、「こんな事聞くなよ」と思う話題をふられても困惑するばかりで、「可愛い」とか「ごめんな」という気持ちよりも、「面倒くさい女」「重たい女」という心理がどうしても彼氏に生まれてしまう結果に。

寂しい?そんなもので食ってはいけないだろ

女性は恋愛にのめりこみやすいので、彼氏と会えないとなると寂しくて仕方がありません。

特に一人でいたり、幸せそうなカップルを見ると「寂しい」「会いたい」と電話やメール攻撃をしてしまうもの。

これが負担になり、徐々に亀裂が入る事もあるようです。

男性が寂しさを感じるのは別れの時だそうですが、女性の気持ちを考えると言い出しにくいとか。

男性は負担になりたくないと思っています

自分に依存してしまうことで、寂しさをつのらせるなら、自分はしっかりと地に足をつけておきたい。

彼女との将来を考えてはいても、キャリアを積んで経済的に安定しないと言い出せない。

寂しい思いをさせる価値が自分にはあるのだろうか?そんな不安も抱えているのが男性の本音。

それをあれこれと責め立ててしまうと「彼女には側で支えてくれる男の方が良いかも」と考えてしまいます。

このような女性の行動は、彼氏の気持ちが揺れ動いてしまう事になりかねないので、あまり負担をかけないようにしたいですね。

一生懸命な姿に癒される

遠距離恋愛で寂しい思いをさせることに引け目を感じている男性は、彼女が心配をかけまいとしている健気な姿に胸を打たれるもの。

もっとメールしたい、電話したいと言われるより「忙しいから無理しないで」「体調管理は心配だけどあなたなら乗りきってるよね」等の癒しメールにぐっと来るようです。

寂しいのは彼氏も同じこと。

自分がそう言うと心配させてしまうと我慢しているので、「また会えるまでに○○するね!」と健気な一面を見せる事が、遠距離恋愛の彼氏の心をグイーーーっと引き寄せるようです。

相手を引き付けて気持ちを繋ぎ止めたいなら、マイナスなイメージは見せないこと

遠距離恋愛であれこれ心配なのは、彼氏も全く同じ気持ちです。

彼女を抱きしめたい気持ちを我慢しているのに、自分本意な「会いたい」メールばかりを送りつけていませんか?

普段は何も言わないのに、ふいに「やっぱり寂しいよ」と言われると男性は「自分をそんなに思ってくれてるのか」と気持ちが高まり、新幹線に飛び乗ってくれるでしょう。

小まめな連絡も時と場合

遠距離恋愛の場合には、小まめな連絡が大切だとよく言われます。

これも良し悪しで、男性からすると、電話に出られない時間帯に着信があると「なにかあったのか!」と心配になるそうです。

仕事中の電話は履歴を残すだけにしても、男性からすれば迷惑でしかありません。

メールやLINEも返信がないからと責められると「俺にも付き合いはあるんだから」と引かれてしまいます。

遠距離恋愛はお互いのリズムが分かりにくいので、擦れ違いは仕方がないと考えているので、やたらと連絡するよりも相手からアプローチがあるまで待つことも大切ですよ。

金銭的な負担を言い出せない男心を理解して欲しい

いきなり来られても彼氏にも予定や付き合いがあるので、対応ができないこともあります。

だからと言って会いに来てくれとも言いにくい・・・

遠距離恋愛の男性心理としては、金銭的な負担は長くなればなる程に厳しいもの。

交互に行き来したり、中間地点で落ち合ってデートもありなんだけど・・・これが男性のリアルな本音です。

結婚を考えないわけじゃない

彼女が本当に必要なら、側にいて欲しいから結婚も頭に入れているはず。

だだ自分に頼りきりであったり、依存してばかりでは将来に不安が残ります。

遠距離恋愛が長くなると「いっそ結婚しようか」とか「結婚を考えている」といって安心させたくなるのが男性心理です。

その言葉を引き出すには、金銭的な面や精神的な自立も必要です。

結婚資金をやりくりするためにも、会う回数が減るかも知れませんが彼を信じて待ちたいなら、女性も「結婚に向けて私も色々と考えてるよ」と言うことを示すこと。

料理の腕を磨いたり、寂しい気持ちを少し押さえると上手くいくはずです。

まとめ

遠距離恋愛は我慢が試練の時。

彼を信じて自分がやるべき事をコツコツ積み重ねれば、きっと良い結果に繋がるのではないでしょうか。

遠距離恋愛における男性心理としては、お互いの寂しさは、お互いの生活リズムと無理ない思いやりでやりくりしたいと考えているもの。

近距離恋愛以上に、遠距離恋愛では、実はメールやLINEから「重たい女」「依存性が強いな」と感じやすいのが男性心理です。

思いやりあるメールやLINEで、彼氏の心を鷲掴みしてしまいましょう!


PAGE TOP