• ラブシグナルは、女性の性の悩みや美容に関する悩みを解決する総合メディアです。

ラブシグナル - Love Signal

妊娠中の旦那の性欲処理どうしてる?浮気や風俗通いが心配

妊娠中の旦那の性欲処理どうしてる?浮気や風俗通いが心配

  • 性に関する悩み

妊娠中は心も身体もナーバスになりやすい時期です。

中には妊娠すると性欲が強くなる妊婦さんもいるようですが、旦那からすれば「お腹が大きいと今までのようには・・・」が本音のようです。

安定期に入れば、夫婦生活は再開できるものの、妊婦の状態によっては控えなくてはならない事もあります。

そんな時に問題なのは「旦那の性欲」です。

妻が大きなお腹でフウフウいっていても、男性は本能的にセックスしたい気持ちがあるもの。

そうなると心配なのは、浮気や風俗通いでしょう!
妊娠中の旦那の性欲処理については、今後の夫婦間における案外大事な部分です。

妊娠中の夫婦間のトラブルはできるだけ避けたいもの、ではどうやって防げば良いのか、考えてみましょう。

妊娠中の旦那の性欲処理どうしてる?浮気や風俗通いが心配 出典 Appreciate Goods

妻が妊娠した!その時夫はどうする?

子孫を残したい男性は、妻が妊娠すると浮気に走る!

昔は妊娠中の浮気が原因で、出産後に離婚する夫婦も多かったようです。

ですが近年は、夫婦共働きでお互いが家計を支えているので、妻が妊娠したからとリスクの高い浮気に走ったり風俗に通いつめる男性は少なくなっています。

遊ぶにはお金が必要になりますし、妊娠出産となればどんどんお金が掛かるのは必須です。

変な話ですが「奥さんの妊娠中の浮気」は社会的に見ても最低レベル。

下手をすると会社では降格、親戚からは白い目で見られ一生浮気の代償を払わなくてはいけません。

気持ち的には「チャンス」でも、実情は「余裕がない」のが本音です。

性欲処理で一番多いのは自慰行為

多くの男性は、妻の妊娠中には自慰行為で性欲処理しています。

妻がいながら自慰とは・・・本人も情けないと思っています。

今まではラブラブしていたのに、急にお預けをくらうので、これを切っ掛けに性欲が減退する男性も多くなります。

ここでしっかりとフォローする事も考えておかないと、セックスレスが加速してしまう原因に。

妊娠中の浮気や風俗は、命を軽々しく考えている

自分の妻が妊娠すると言うことは、浮気をすればその相手にも命を生み出させる可能性があると言うことです。

夫婦の未来だけでなく、生命を軽んじている行為でもあるので、風俗と言えども許してはいけません。

浮気は男の甲斐性などと言われた時代は終わっているのです。

妻とセックスできないから、他の女性と関係を持つと言うことは、返せば「女性は性欲処理の道具」と思っていると言うこと。

同じ女性として、これは許せるものではありませんし、妊娠中にセックスの相手ができないから風俗くらいは・・・の考えも間違っています。

独身なら風俗で遊ぶのも結構ですが、新しい家庭を作る家長として愚かな考えを植え付けないようにしたいものです。

妊娠中のセックスについて向き合うこと

自分が相手をしたくない、赤ちゃんが心配であれば、「セックス自体は妊娠中控えたい」としっかり話すこと。

ここを蔑(ないがし)ろにすると、出産後の夫婦関係の修復が難しくなります。

旦那の性欲処理として自慰を許すのか、口や手の奉仕をしたいのであれば、二人で話し合い二人のセックス感を理解しましょう。

男性心理としては、口や手の奉仕だけでも十分に嫁の愛を感じるもの。

二人で新しいセックスのカタチを考えること

ママの身体に負担がかかり早産や流産の危険性があるのであれば、病院からは控えるように指導されます。

妊娠中でも本来セックスはできますし、体位を工夫しゆったりと抱き合う事もできます。

性欲処理という表現ではなく、愛を確かめ合うという意味でも、毎日旦那の性欲が高いわけではありませんので、安全に注意して二人のセックスを考えましょう。

オーラルセックスで旦那をがっちりつかもう!

妊婦が旦那に行うオーラルセックスは問題もなく、ここからムードが高まりセックスに繋がる事もあります。

男性側が行うオーラルセックスは、危険性が高いので避ける必要はありますが、女性がやる分には問題はなし。

旦那が恥ずかしがったり嫌がる場合にはやめた方が良いですが、ムードを作りながら、口や手で気持ちよくさせておけば、浮気や風俗に走る事はありません。

旦那の性欲処理としては、オーラルセックスが効果的かもしれませんね。

心の繋がりを大切にできる時期だと考えよう

妊娠して性欲が高まる人もいれば、まったく無くなる妊婦さんもいます。

旦那が誘っても、その気にならなければ「鬱陶しい!」と遠ざけたくなりますが、これでは旦那の立つ瀬がありません。

一度拒絶されると「もうセックスしたくない」と言われたも同然で、中には自暴自棄になり、浮気に走らせてしまう事にもなります。

行為自体を毛嫌いするのではなく、メンタル的な問題を解決すること。

セックスはしなくてもスキンシップを楽しんだり、お風呂に一緒に入るなどして、お互いを思いやる時間を作りましょう。

洋服の上からお腹が大きい状態を見るよりも、裸の方が「セックスしたくない気持ち」を理解してもらえます。

要は工夫しだいで旦那の気持ちを妻に残しつつ、浮気を防止できるということです。

射精するだけが気持ちよくなるものではありませんし、それを補うだけの癒しを与える事で抑止力は非常に高いと言えます。

まとめ

夫婦間のセックスはコミュニケーションでもあり、お互いを深く理解する為のものです。

旦那には妊娠した辛さは分かりませんし、妻には禁欲の苦しさも理解できないもの。

行為だけが全てではなく、心の繋がりが父親としての自覚を目覚めさせながら、妊娠中を二人で乗りきる糧となるのですから。


PAGE TOP