• ラブシグナルは、女性の性の悩みや美容に関する悩みを解決する総合メディアです。

ラブシグナル - Love Signal

ブラが浮く!真ん中や上辺が浮いてしまう原因まとめ

ブラが浮く!真ん中や上辺が浮いてしまう原因まとめ

  • 美容と健康

お洒落でキュートなブラジャーは店頭より通販の方が多いから、毎回通販を利用している。

そんな女性もいると思います。

同じメーカーやブランドでも、素材やカップにより微妙にサイズが違います。

また、モデルチェンジするとサイズ感がなんだか違う、ブラのカップが余ったりブカブカするなんて事もよくあること。

ブラのサイズはいつも同じではありません。

年齢と共にサイズだけでなく形も変化していくので、定期的にサイズを確認し自分に合ったブラジャーを身に付けないと浮きなどが起きやすくなります。

今回はそんな悩みをズバッと解決していくべきブラジャーとバストについてまとめました。

ブラが浮く!真ん中や上辺が浮いてしまう原因まとめ

実はバストの測定間違ってる人多いんです

バストの測定は、トップとアンダーの2ヶ所を計測します。

この測定が間違っていると、ブラの上部がブカブカしたりフロント部分が浮いたりするので気をつけましょう。

  • 先ずは背筋を伸ばしたら身体を90℃に傾けます。「 のように背中が真っ直ぐになるようにすること。
  • メジャーはトップバストと平行になるように背中に回してください。鏡でチェックすると上手くいきやすいです。トップバストを測ったらメモリを指で押さえて外しメモを取ると良いですね。
  • アンダーも同じように90℃になり丸みの下をしっかり測りましょう。

真っ直ぐに立つと、バストは横に流れて上手く計測することが出来ません。

直立でプロが測れるのは、身に付けているブラジャーを見ればヨレやはみ出し肉を大体は確認できるからです。

自分で計測する時は、ブラジャーを外すので下を向いた方が正しいサイズを測る事が出来るのです。

ブラジャーサイズについて

ブラジャーのAAからFカップまでは細かく差があります。

中間である場合は、どちらも身に付けてアンダーとカップがフィットするかを確認します。

素材やデザインでカップの開きも違うので、出来れば試着できる場所での購入を一度してから通販利用がおすすめですよ。

正しいブラジャーの見に付け方で浮きやブカブカ防止

ブラサイズはあっているのに、フロントや上辺が浮いてしまう。

脇がずり上がるのは、装着が間違っているからかもしれません。

ブラジャーは肩紐を掛けてから「前屈み」でホックを止めて肉を寄せます。

真っ直ぐに立ったままだと、ブラジャーが固定されずにバストにアンダーが乗ってしまいます。

これでは後で寄せても、流れてしまうので注意してください。

ワイヤーやカップをしっかり押さえる

これは以外にやってない人が多いと思います。流れた肉をカップに詰め込むには土台を固定する事が必要です。

カップを固定してから、前屈みになり寄せて上げるとバストがしっかりとブラジャーに入りますよ。

ストラップ調整も抜かりなく

洗濯を繰り返すと、ストラップも徐々にズレてきますからストラップ調整もしっかりチェックしてください。

脇が流れたり浮くのはストラップ調整が出来ていないからです。

これをするだけで劇的に変わるので試してみましょう。

見た目だけで選んでませんか?

身体を包み込むブラジャーは、衣類から透けたり見えては困るもの。

ですが見た目にも美しいデザインはテンションも上がるので、出来れば気に入ったものを選びたいですね。

加えてカップによっても胸の形が変わったりホールド力も違います。

胸の形も様々ですから、自分にあったサイズとカップデザインで浮きを防ぎましょう。

胸が小さい人はこう選ぼう

AカップやAAカップは、お洒落なものは少ない。

どうせ小さいなら、好きなデザインを身に付けたい。

これでは胸を痛め付けるだけでなく、合うブラジャーを避けていることにも繋がります。

育乳する為にも、ホールド力とサポート力のあるもの。

そしてカップは3/4以上ではみ出した肉をしっかりと形状記憶させていきます。

内側が浮くのも、しっかりと寄せていないからですし猫背になるとバストが小さく見えるので堂々とブラジャーファッションを楽しんでください。

グラマーは絶対にフルカップ

盛りたいが為にハーフカップを選ぶ人もいますが、バストを安定させる為にはフルカップでベルトの高さがしっかりあるものがベスト。

お肉がはみ出るような華奢なベルトは、脇の肉をはみ出させたりしてカップに無駄な浮きを作ります。

最初は良いのに・・・徐々にカップが浮いたりする

新しいブラジャーはサイズがしっかりと合えば合格ですが、洗濯を繰り返していると何故か上部や脇に隙間や浮きがでてきます。

生理周期でもバストは変化しますが、年齢と共に下に下がったり脇に肉がついてしまう。

ダイエットで痩せた事で、アンダーが合わなくなる事もあります。

完璧にぴったりなブラジャーは無いのですが、自分の身体が変化した事でカップの上部に空間ができたり浮きが出るようになります。

このようなブラジャーは買い換えすべきで、合わないものをそのまま身に付けているとバストの形を崩してしまうことにも繋がります。

まとめ

ブラジャーがどうしても浮いたり余るのは、サイズが合っていないだけでなく老化によるバストのハリがなくなってしまうのも原因です。

マッサージやサプリだけでなく、正しいサイズのブラジャーを身に付けていればこれをくい止める事が必ずできます。

美しいバストはブラジャーで作られますから、合わないブラジャーは直ぐに買い換えるようにしてください。


PAGE TOP