• ラブシグナルは、女性の性の悩みや美容に関する悩みを解決する総合メディアです。

ラブシグナル - Love Signal

前戯が下手な彼氏と気持ち良くエッチする方法

前戯が下手な彼氏と気持ち良くエッチする方法

  • 性に関する悩み

彼氏は好きだけど、前戯が下手すぎてイマイチ気分がのってこない。

おまけに直ぐに挿入したがって気持ちよくない。

実は女性の半数以上はそう思っています。

前戯が下手な彼氏は、的外れな愛撫を繰り返し体位にも工夫はありません。

エッチ自体が「それなり」で、女性側は不完全燃焼。

どんな彼氏とも満足していないのは前戯が下手くそだからです。

雑誌やAVの知識しかなく、頭でっかちになっているので、前戯どころかエッチもお粗末になるもの。

前戯を制するものはエッチを制する!女性にとっては、前戯でそれほど大事なことですよね?

「女性が気持ちよくなるのは挿入より前戯である」と彼氏に教えてあげること。

女性から積極的なんて無理に決まってる!なんて言わずに伝える事で前戯上手な彼氏にしていきましょう。

soddff 出典 papodehomem.com.br

残念な前戯しかできない彼氏は愛撫が下手

とにかくムード作りが必要とは考えておらず、ひとりよがりなセックスになりがちなのが、前戯下手な男性の特徴です。

前戯が上手い男性は、エッチに入る前からのムード作りも前戯と考えているので、自然にエッチな気分にしてくれます。

いきなり押し倒されて、ささっと触られても全然気持ちよくないですね。

触れば良いというものではないので、相手に「こうすると気持ちよくなる」事を教えるべき。

前戯が下手な彼氏には、こちらからソフトタッチで愛撫をしていきましょう。

男性の身体と女性では感じ方も感覚も異なるので、口で説明するより体感してもらうのが一番です。

彼氏が気持ち良さそうになったら「私にもやってみて」と誘導していきましょう。

彼氏にも積極的にタッチする事で、前戯の大切さや気持ちよさを覚えてもらいます。

ピンポイントで愛撫をしてもらうこと

前戯下手な男性は、あっちを少し、こっちを少し触って直ぐに挿入しようとしたり、フェラをねだります。

女性の性感帯を探るのが面倒なのか、分からないのかどっちなんでしょうね。

多少はあちこちを攻めながら、一番気持ち良いと感じるポイントを攻めるのはセオリー。

男女共に一番気持ちが良いところを徹底的に愛撫されると、気持ちも乗ってきますよね。

相手にも「前戯がしっかりしていると気持ちが良くなる」と理解して貰いましょう。

前戯を然り気無く引き延ばす為に彼女からできること

付き合い始めは丁寧な前戯も、付き合いが長くなるとどんどん手を抜いてくる

これも良くあることです。

そんな彼氏に腹を立てても「どうして良いか分からない」人もいるでしょう。

前戯を少しでも長くする為にも、「あなたの愛撫で溶けそうになる」「気持ちよすぎてイキそう」と盛り上げてあげましょう。

男性は、彼女をイカせるのが男のつとめと考えているので、前戯にも熱が入る筈です。

嘘も方便と言いますが「気持ちよくない」「下手くそ」なんて言ってしまうと相手を傷つけるだけでなく関係をギクシャクさせるだけです。

相手は一生懸命にやっているつもりかも知れませんから、「もっとそこを攻めてね」とか「ここを攻められると弱いの」とかアレに触れながら彼氏を見つめてみて。

自分の加減を、彼氏のアレで体験させると分かりやすいですし、下手な前戯を起動修正できます。

彼氏は力加減なども良く分かっていない事もあるので「きちんと伝える」事が前戯を長く上手にしてもらう事。

彼氏からすれば前戯は奉仕に近いのですが、彼女からも積極的にやることで快感のツボをお互いに確認できます。

前戯は長くしてくれた方が気持ちが良いことや、奉仕したい気持ちが盛り上がる事をきちんと伝えましょう。

不満を相手に伝えずにくすぶっていても何にもなりません。

彼氏を興奮させる事で、前戯にも集中させられます。

盛り上がると前戯が荒く適当になる彼氏には

前戯を盛り上げる為に彼氏を興奮させると、ついつい動きが荒くなったりガツガツした感じになるものです。

そんな時には一旦手をゆるめて、彼氏を落ち着かせること。

キスもソフトに優しくしたり、胸を力任せに掴むなら優しく誘導するなど「口ではなく態度で示す」事で相手を傷つけることなく楽しめます。

前戯が徐々に上手くなってきたら「いつもより興奮する」「気持ちがいい」と言葉にしてみましょう。

自分からイニシアチブ(主導権)を取ってみる

毎回女性の方から、積極的に前戯を行うと彼氏がマグロ化してしまう危険性もあります。

楽を覚えると、ますます前戯が荒く下手になるので、時々積極的に自分から前戯を行い「私も気持ちよくしてね」と甘えること。

毎回不満を抱えるより、いざとなったら小悪魔的な一面もガンガン出してみてください。

時にはSな自分に目覚め「そんなんじゃ駄目!今日はお預けにしちゃうからね」と甘えた感じで話してみましょう。

彼女の以外な一面を見ると「よし!」と奮起し前戯に熱も入ると言うもの。

彼氏をコントロールするくらいの気持ちを持って誘導してあげてください。

まとめ

彼氏の前戯が下手なのは、「喜ばせてあげる方法が分からない」のか「頭でっかちになりすぎてる」かどちらかです。

基本的に彼氏という生き物は、エッチで彼女にも気持ち良くなって欲しいもの。

映像や紙面上のテクニックは何にも役に立たない事を分からせないと、いつまでも不完全燃焼なエッチで終わります。

自分が楽しむためにも、勇気を出して彼氏を前戯上手に変えていきましょう!


PAGE TOP