• ラブシグナルは、女性の性の悩みや美容に関する悩みを解決する総合メディアです。

ラブシグナル - Love Signal

化粧したまま寝ちゃった!今から出来るケア方法

化粧したまま寝ちゃった!今から出来るケア方法

  • 美容と健康

「仕事で疲れて」「飲み会でうっかり」

多くの女性が経験する「うっかり」の化粧したまま寝る行為。

一度や二度ならいざ知らず「まあいっか」と面倒な時に、バタンキューを繰り返し化粧を落とさず寝てしまうと後で取り返しがつかないことに。

きちんとした知識があれば「ダメダメ!化粧は落とさないと!」と目が覚めるはずですよ。

化粧したまま寝ちゃった!今から出来るケア方法

化粧は見た目に綺麗でも、肌にとっては汚れでしかない

化粧は肌にとって良いものとは言えない事を先ずは理解すること。

素肌に近いファンデーションほど、肌との密着性が高いので油分も多く含みます。

元々肌には自前の油分があるので、これに上手くフィットするように作られているんですね。

「石鹸で落とせる日焼け止め」も実際には完璧には落とせないもの。

密着性が高いほど、ちゃんと化粧は落とさなくては大変です。

メイクオフを忘れると、肌の油分にメイク汚れと汗が混ざってしまい、細菌を繁殖させる可能性も高くなります。

特にファンデーションは、肌の水分を奪うので乾燥を強くさせてしまいます。

半日以上は化粧をしたままですから、化粧を落とさず寝た次の日に、朝バリバリした肌になってしまうのは当然。

疲れて「化粧を落とすのが辛い」気持ちは分かりますが、大人として女性として「化粧は落とすまでが完成」としっかり頭に叩き込み、化粧したまま寝ることは避けましょう。

翌日にしっかりケアをすればダメージは最小限度に抑えられますが、何度も繰り返すような生活習慣は続けないようにしてください。

後でしっかりやれば良いなんて考えてませんか?

最近はシミやシワにも効果の高いスキンケア用品が増えてきました。

多少はなんとかなるから、今日ぐらいは良いよね?なんて癖をつけてしまうと「この間もなんとかなったから」と毎回疲れたら化粧を落とさずに寝るなんて事にもなりかねません。

うっかりを繰り返さない為には「生活習慣の改善」しかありません。

化粧を落とし忘れる人の多くは「飲みに行くとつい時間を忘れてしまう」ようです。

先ずは自分の生活習慣の中に油断があることを忘れないでください。

若いから平気!なんてやっていると肌がボロボロになってしまいます。そうなってからは遅いのですからしっかりやりましょう。

化粧を落とし忘れた翌日はしっかりケア

疲れてバタンキューな翌日ですが、いつもより早起きしてしっかりとケアをするのが大切です。

化粧を落とさずに寝た次の日に出来るケア方法をご紹介いたします。

先ずはホットタオルで肌をいたわって

入浴で毛穴を開かせたり、肌に水分を与える事ももちろん大切な事です。

いきなりオイルクレンジングを始めると肌が驚いてしまい、肌荒れが酷くなってしまいます。

落とし忘れた翌日は、毛穴を開かせて浮かせてからクレンジングを始めること。

オイルよりもクリームタイプで優しくメイクを浮かせてから洗い流してください。

朝からピーリングしない

少しでも汚れを取り去りたい気持ちは分かりますが、ボロボロの肌にピーリングをしてしまうとその後が大変!

翌日は仕事でメイクをしなくてはならないとなると、ガサガサな状態で仕事に出なくてはならなくなります。

朝は保湿に力を入れて、帰ったら更にスペシャルケアをするようにしてください。

クレンジングの後は保湿

透明感のある肌を取り戻す為には、保湿が一番大切です。

シートマスクやローションパックで肌にしっかりと水分を与えていきます。

ローションが浸透するには約3分。

ちょっと早起きすればこれくらいは何でもないことです。

肌のターンオーバーは年々遅くなるので、メイク落としをおろそかにしていると肌を老化させていきます。

自分の肌を活性化させる事はとても大切な事です。

しっかりとローションを浸透させたら、美容液かクリームで閉じ込めてあげましょう。

肌にごめんなさい!ちゃんと栄養を補給して!

化粧をしたまま寝ちゃった次の日は、肌に栄養を与えるだけでなく、早めに帰ってしっかりと入浴をするようにしましょう。

サプリはレスキューにはなりますが効果的、但し可能であれば食べ物でしっかりとビタミンを補給すること。

また、疲れやすい身体をケアする意味でも食事には気を使うべきです。

野菜をたっぷりと食べて内側からキレイを底上げしてください。

1日くらいの油断が、将来の自分の肌を決めてしまいます。

ボロボロの肌になりたくないなら、毎日のケアだけでなく食事や運動を含めて身体を元気にする事。

将来焦るより、今のケアをきちんとしてあげるのが大切です。

翌日が休みならノーメイクでお休みを

コンビニ程度なら、パウダーを軽くはたく程度でもキレイに見えます。

毎日気合いを入れたメイクをしていては、肌は悲鳴をあげるだけ!

できればリラックスできるように、ゆったりとお風呂に入ったり音楽を聞いて気持ちを落ち着けて過ごしてください。

気持ちの良い1日を終えたら、早めに就寝して心身共に安らいで。睡眠こそが肌を元気にするもとです。

まとめ

化粧をしたまま寝てしまったのは、どうしようもありませんが繰り返さない為にも「飲みすぎない」「疲れを溜めない」事が大切です。

拭き取りタイプのクレンジングはできれば使わずに、寝る前に落とせるような余裕を持っておく事が大切ですね。


PAGE TOP