• ラブシグナルは、女性の性の悩みや美容に関する悩みを解決する総合メディアです。

ラブシグナル - Love Signal

相談に乗ってくれない彼氏を聞き上手にするには話し方が大事

相談に乗ってくれない彼氏を聞き上手にするには話し方が大事

  • 彼氏・好きな人に関する悩み

女性は話をするのが大好きなので、彼氏とのデートでも色々と話をしたくなりますよね。

ところが、付き合いが長くなると真剣に話を聞いてくれなくなった、彼氏が相談に乗ってくれないと不満を感じる女性も増えています。

そんな彼氏が相談に乗ってくれるようにはどうすれば良いのでしょうか?

彼氏を聞き上手にする相談の仕方とは?

相談に乗ってくれない彼氏を聞き上手にするには話し方が大事

彼氏を聞き上手にするには、先ずはあなたが聞き上手になろう!

人に相談を聞いてもらう為には、言葉のキャッチボールが上手くいかなくてはいけません。

その為には、まずあなたが聞き上手になり、彼氏の相談や言葉を良く聞き、彼氏にアドバイスを投げ掛けながら、ゆっくり自分の悩みを打ち明けていく事が必要です。

彼氏の相談は耳を傾けずに、一方的に自分の相談だけを投げ掛けても会話が成立しないもの。

日頃から彼氏の言葉に耳を傾けて、真剣に受け答えする事で彼氏も「俺に相談しろよ」と聞いてくれるようになるはずです。

彼氏に悩みを相談したい時には「今日は真剣に相談したいことがあるんだ」と相手を頼りにしている気持ちもアピールしましょう。

彼氏に相談事を共感してもらえるように話をまとめておくこと

女性同士のように「あるよね~」とはならないのが異性との会話です。

男性からすると「小さな事で悩まなくて良いのに」としか思われないようにするには、彼氏が「大変だな」「そうなんだ」と共感出来るように話をまとめて持っていく事が大切です。

終わりがない堂々巡りで自己中心的な話では、本題に入るまでに彼氏が飽きてしまい、結果「彼氏が相談に乗ってくれない・話を真剣に聞いてくれない」ということになってしまいます。

簡潔に「何に困っている」「こうする為にはどうすれば良いのか」を整理して、彼氏が簡潔に答えを引き出せるようにしておきましょう。

起承転結のない話は、男性には苦痛でしかなく、たとえ彼氏が相談に乗ってあげたいと思っていてもうまく対応出来ない可能性があるのです。

彼氏への髪型の相談はNG!?

男性は理屈で物事を考える生き物だと言われています。

そんな男性は、女性の「髪型の相談」や「服どっちがいい?」など答えのない相談はとっても苦手。

例えば、同じ相談を彼氏があなたに相談するとしたら、「俺、次この髪型にしようと思うんだけど、似合うと思う?」と相談するはず。

これは「私は似合うと思う」「私は似合わないと思う」の2択の選択です。答えのある相談なのです。

しかし、あなたが彼氏に髪型の相談をする場合、「私、次どんな髪型がいいかなぁ?」と相談しませんか?

これは答えがない相談ですよね?沢山ある選択肢を一緒に選択しようとする相談は、男性からすれば「自分で決めたらいいじゃん」と思いがち。

あなたが悪いわけでも彼氏が悪いわけでもなく、性別による脳の使い方の違いが原因ですので、彼氏が相談に乗ってくれないと案に結びつけると危険です。

彼氏に髪型の相談をする場合は、ある程度候補を絞って、私はこれにしたいけどどうかな?っという相談にしましょう。

真剣な相談なら場所も考えること

相談の内容が真剣であればあるほど、他人がいるような場所ではなく、彼氏と二人でじっくり話し合える環境下で話すこと。

周りが騒がしかったり、部屋でDVDを見ながら話しても右から左に流れてしまいます。

相手が「本気で意見を聞きたいんだな」と感じる環境にする事は、真剣な話をする為に一番必要な事です。

相談事を伝える際に彼氏ならどう対処するかを問いかける

彼氏に相談するときは、一方的に相談するよりも「こうしたい」「こうすると良いと考えてる」等の自分の意見もある程度持っておくこと。

相手に任せっぱなしだと「自分の事なのに」と呆れられてしまいます。

もしくは、実はあなたがAだと思っていてもそれを伝えず相談してしまうと、彼氏から「絶対Bだ!」と欲しくないアドバイスを貰ってしまい、彼氏に「共感してもらえない」「意見が厳しい」「アドバイスが的外れだなぁ」なんて感想を持ってしまいがちなのです。

相談というのは、決めかねるから周りの意見を参考にする為にするものです。

相手に全てを委ねるのではなく、自分の意見を持ちながらも迷いを相手に吹っ切って貰うためにすると考えてください。

隠し事をしないこと

うわべだけの相談ならしない方が良いです。

真剣に話を聞いてもらうには、順序立てて隠さずに話すこと。

後でボロが出るような相談はしても意味がありませんよ。

話すタイミングも大切です

早く聞いてほしいからと、無理矢理スケジュールを取らせるのはNGです。

彼氏に気持ちの余裕がなくては、きちんと話を聞いてもらえなくなります。

彼氏の仕事やプライベートを尊重して、前もって相談を聞いてもらえる時間を作って貰いましょう。

良いコミュニケーションが取れるタイミングを必ず作ること。

彼氏に考える余裕を持たせるオープンクエスチョンを使う

相談の内容をあらかじめ「○○について相談したい」と伝えるのも大切。

相手に相づちだけを求めるだけでなく「意見をのべてもらう」時間も作ることを考えます。

「どう思う?」「やっぱりダメかな?」と矢継ぎ早に返事を求めてしまうと、生返事しか返らなくなる事も・・・。

焦らない、余裕を持つことが必要です。

表現力は彼氏の心を動かします

彼氏が思わず真剣に相談を聞きたくなる人は、声のトーンやリズムがとても上手です。

抑揚をつけたり、表情をつけたりすることで彼氏を引き付けることができます。

話を聞いてくれないのは「いつもの会話に魅力がない」のかも知れません。

彼氏の目を見てしっかり話す事で、より話に魅力を感じるようになるものです。

話下手の相談は彼氏が説教してしまいがち

魅力的な話し方だと、彼氏もあなた側へ感情移入し味方になりやすく、アドバイスを的を得やすくなります。

しかし、相談の論点があやふやだったり、話下手だとあなたの感情を理解しづらく、彼氏が客観的な視点から物事を捉えがちになります。

そうすると、どうしても正論を話してしまいがちで、彼氏が説教くさい形に……。

これでは次から彼氏に相談したくなくなりますし、彼氏との仲も悪くなってしまいます。

もともと話下手だったとしても、真剣に、そして色んな情報を伝えて心を込めて話せば、彼氏も相談内容を理解し的確なアドバイスをくれるでしょう。

聞いて話す事を心掛ける

一旦話が終えたら、彼氏の意見をしっかり聞くこと。

男性は自分の意見を否定されると、そこからは「勝手にすれば」とヘソを曲げてしまいます。

相談をきちんと聞いて貰いたいなら、彼氏の意見を最後まで聞いてから「なぜそう考えるのか」「どうして進めるのか」等をしっかり聞いてから意見をすること。

自分の思いだけを話すのではなく、彼氏の意見を聞きながら話を進めていきましょう。

聞き上手にさせるには自分も変わらなきゃいけない

話すのは簡単ですが、聞く方は非常に難しいものです。

聞き上手な人は会話も上手いですし、聞いて貰えると気分も良いですよね。

会話で好印象を持たれると、相手も聞き上手になりたいと思うものです。

彼氏の事を理解しているなら、相手が聞き入れる話し方もわかるもの。

これがスムーズにいかないと、デートも台無しになってしまいます。

彼氏だけでなく、人に話を聞いてもらうテクニックを磨く事は女性としての魅力を高める事にも繋がります。

「どうせ聞いてくれない」と投げやりな気持ちでは、相手に届く言葉を紡ぐことが出来ないのですから。


PAGE TOP