• ラブシグナルは、女性の性の悩みや美容に関する悩みを解決する総合メディアです。

ラブシグナル - Love Signal

みんなどうしてる?iラインの毛の処理事情

みんなどうしてる?iラインの毛の処理事情

  • 美容と健康

最近はデリケートゾーンの脱毛が当たり前のような風潮で、果たして皆はiラインの毛の処理をどう対処しているのか気にしている人もいるのではないでしょうか?

女同士でも聞けないデリケートゾーンの処理事情。
特にiラインの毛は生理の経血や尿におりものにより蒸れやすくなる部位なので、何らかの形で処理をしている女性が多いようです。

本当に皆がiラインの毛を脱毛しているのか、しているなら『どのような方法でやっているか』等の疑問について今回はお話ししようと思います。

みんなどうしてる?Iラインの毛の処理事情

本当に皆やってるの?iラインの新常識

iラインを含むデリケートゾーンのムダ毛の悩みは、美容雑誌や婦人雑誌でも取り上げられています。

統計的に20代の後半から30代の女性は、何からの形でiラインの毛を脱毛していて、上は50代や60代の女性までもがiラインの処理に興味を持っています。

50代になると閉経を迎えるので、若い世代よりはアンダーヘアの悩みは減るものの、女性ホルモンの現象によりデリケートゾーンの新たな悩みを抱えるようになります。

生理のある世代の女性は『蒸れ』による不快感を軽減したい・パートナーに見られた時に見苦しくないようにしたいとiラインの毛の脱毛や処理を考えますが、閉経するとおりものがなくなる事で雑菌が入りやすくなりデリケートゾーンの臭いや乾燥によるかゆみ等に悩まされる事にもなります。

iラインの毛の処理をする事により、女性の感じる不快感が軽減されるのは確かですし、Vラインはスッキリとキレイに、iラインの毛は最低限度の処理をすべきと考えているようです。

既にiラインのムダ毛を処理するのは『女性の身だしなみ』でもあり、整える事により見た目だけでなくメンタル的な負担が軽くなるメリットもあります。

海外セレブが『ハイジニーナ脱毛』している事から、ハイジニーナ脱毛も話題になりましたが、ここまでやる人は少ないとはいえ、全体的にアンダーヘアを整える脱毛は常識になっていると言えます。

iラインの脱毛のメリット

Vラインはあって然るべきものですが、男性目線からすると『濃いより薄い』『整えてあると品がある』との声も高いようです。

そして気になるiラインの毛に関しては『つるつるはどうかと思うがボサボサはちょっと』とiラインが毛深いのを不快に感じている人が8割近くもいます。

秘めたる部位だけに、手入れがされていないと『外見だけに気をつかい、届かないところはほったらかし』=ズボラ女子な性格と思われてしまうようです。

やはり『見えないところに気を配る』事は女性らしさや品格のあらわれと捉えられるのかも知れません。

彼氏に見られた時の反応を心配している女性も多いはず!
彼氏の大半はiラインの毛が濃くても文句はいいませんが、毛量が少なかったり、ちゃんと処理されている方が絶対喜びます。

何よりも衛生面のメリットは絶大です。
iラインは、常に足の間に挟まれていますから蒸れ易くなっている部位です。

そこに生理による経血や尿におりものが付着すると雑菌も繁殖しやすく臭いや痒みの原因にもなります。
iラインを脱毛する事により、衛生的になり蒸れによる不快感が無くなる事で精神的な負担も軽減されますから、毎月の嫌な思いも少しは楽になるのです。

iラインをどう処理しているのか 出典 http://剛毛女性のムダ毛処理方法.com/razor-rash/vline-razor-rash.html

iラインの毛をどう処理しているのか

Vラインはカミソリやシェーバーで処理をしている人もいますが、iラインの場合にはハサミでカットしている人が多いようです。

このハサミも清潔なものを使わなくては、雑菌が入りますから非常に危険です。
またブラジリアンワックスによる脱毛も人気のようで、自宅で出来る事やセルフで作れる事で人気になっています。

ブラジリアンワックスは約3週間はキレイな状態ですが、定期的にワックスで脱毛する必要があり皮膚を引っ張る事で被れたり痒みが出る人もいるようです。

人気はやはり『脱毛サロン』でのiラインの脱毛です。
最近はデリケートゾーンを一括して脱毛出来るプランが格安で出来るサロンがあるので、キャンペーン等を利用している人も増えています。

エステサロンや美容クリニックでは、脱毛のプロが脱毛を行うので『安全で安心』にiラインの毛を脱毛出来ます。
ブラジリアンワックス脱毛も専門のサロンがありますから、デリケートな脱毛は自己流よりもプロに任せた方が安心でしょう。

ツルツルに脱毛したくない人も美容クリニックでは除毛してもらえたり、毛量を調節することも可能です。

iラインの毛が毛深い方や、ツルツルまで処理したくない方も、一度美容クリニックで相談してみると良いでしょう。

iライン脱毛の自己処理は危険です

粘膜の毛を脱毛するわけですから、自分で処理するとなると中々難しくなります。
毛抜きやカミソリで剃るなどといったiラインの毛の処理は絶対にやめましょう。

無理に脱毛することで傷がついたり被れてしまうと、大変な事になります。
同じ女性同士でも、iラインを見られるのは恥ずかしいとは思いますが、脱毛サロンは女性の脱毛士ですし『美容のプロ』でもありプロ意識が強い人ばかりです。

同じ女性だからこそ『理解できる』iラインの不快感や悩みも共感できますから、一瞬の恥ずかしさで悩みが解決するなら脱毛してしまう方が良いでしょう。

まとめ

『ありのまま』という言葉もありますが、自分が生活する上でストレスに感じるのであればiラインはキレイに処理をしてしまう方が間違いありません。

無頓着に手入れもせずにおくよりも、自分が手入れをしやすいように整えておくことは『女性としての身だしなみ』でもあります。
髪や肌を美しくケアするようにiラインの毛も処理をして素敵な女性になりましょう。


PAGE TOP