• ラブシグナルは、女性の性の悩みや美容に関する悩みを解決する総合メディアです。

ラブシグナル - Love Signal

生理の際にムカムカして気持ち悪い原因

生理の際にムカムカして気持ち悪い原因

  • 生理に関する悩み

生理の前から吐き気が止まらない女性は多いようですが、生理中や終わってからも辛い吐き気に悩む女性がいるようです。

閉経まで付き合わなくてはならない生理と上手く付き合っていく為に、生理に関わる吐き気を理解しましょう。

生理の際にムカムカして気持ち悪い原因

辛い生理に関わる吐き気は何故起きる?

生理前からお腹が痛くなったり、下痢や便秘、頭痛などの症状に加えて吐き気が起こります。

生理が始まる、黄体期から体内では黄体ホルモンと同時に「プロスタグランジン」という物質が増えていきます。

このプロスタグランジンは、子宮を収縮させ経血を身体から出しやすいように働きます。

この物質が上手く分泌されないと、経血が少なくダラダラと続いてしまうわけです。

ところがこれが多く分泌されてしまうと、子宮の収縮も強くなるので腰痛や生理痛等の痛みが強くなっていきます。

プロスタグランジンが胃腸にも影響を与える

同時に胃腸の働きに、この物質が影響を与えてしまうので下痢や胃腸の不調、そして吐き気に繋がります。

吐き気を抑える為には、プロスタグランジンの分泌を抑制しなくてはならないのです。

生理痛に効果的な鎮痛剤には、プロスタグランジンを抑制する成分が配合されているので症状も楽になるのです。

通常は、生理が終わればプロスタグランジンは減少するので吐き気も治まりますが、ホルモンバランスが乱れていたりストレスや不調であるとプロスタグランジンの減少が上手く働かず、生理後にも吐き気を感じるようになります。

プロスタグランジンはホルモンの一種なので、ストレスが大きいと分泌が増えやすくなり、嘔吐中枢をさらに刺激します。

生理の度に吐き気が起きるようなら、ホルモンバランスが悪い・ストレス過多を疑いましょう。

生理前の吐き気を改善したい!

毎回生理が近いと吐き気がするようでは、日常生活が円滑に送れません。

生活習慣や食事の見直しで、きちんと改善する必要があります。

先ずは、プロスタグランジンの分泌を正しくする事ですからストレスを溜めない事や、運動習慣をつけて身体を冷やさないようにする事です。

生理の1週間前から、下腹部を冷やさないようにしたり水分をたっぷり飲んで血行を良くしましょう。

冷えが辛い人は漢方で体質改善する等の方法も取り入れたいですね。

食事ではマグネシウムを含む、大豆製品やオメガ3の多い青魚を積極的に食べましょう。

大切なのは、食事のバランスですからトランス脂肪酸を避けてオメガ3をしっかりと摂取すること。

和食をメインに栄養のバランスをしっかりと考えて、ホルモンが正しく分泌するような身体を作ることが大切です。

生理前には、甘いものが食べたくなりますが、実はこれも吐き気を強くする原因にもなります。

あまり辛いなら婦人科を受診しよう

月経困難症などの婦人病である事も考えられるので、毎回吐き気が起きたり日常生活が送れないようならしっかりと診察を受けて治療をする事も必要です。

特に生理周期が安定しない人は、きちんと受診してください。

もしかして妊娠!?生理前の吐き気

プロスタグランジンの分泌が増えてしまうと、嘔吐中枢が刺激され吐き気に繋がります。

これは妊娠初期のつわりと良く似ているので「妊娠したかも」と思う人もいるようです。

排卵日に避妊していないようであれば、基礎体温をチェックしましょう。

高温期が長く、低温期がこない・生理が予定日を過ぎても始まらないようであれば妊娠している可能性があります。

妊娠を望まないのであれば、ピルやコンドームを利用して避妊はしっかり行うべき。

妊娠してから焦っても時すでに遅しです。

ムカムカして気持ちが悪い・・・生理痛も耐えられない

生理だけでも気分が落ち込むのに、吐き気とのタブルパンチは辛いものです。

生理痛の鎮痛剤は、プロスタグランジンを抑制するので痛みを和らげてくれますが、胃腸の働きを低下させてしまうので「吐き気が酷くなる」事もあります。

痛みは治まっても、吐き気があると仕事もプライベートも楽しめません。

休日ならまだしも、デートともなると最悪です。

鎮痛剤を飲むと、吐き気がさらに強くなるような人は鎮痛剤の服用を中止しましょう。

体質的な事もありますが、漢方で根本的な解決をする方が身体への負担もありません。

婦人科でも漢方処方は出来ますし、漢方専門店でも自分にあった漢方を処方してもらえます。

薬は個人にあったものを飲むのが一番ですが、乱用は避けるようにしてください。

生理後の吐き気にも妊娠の可能性?

生理後もムカムカして治まらない人もいますが、生理がきちんときた後は、子宮内膜は経血で流れているので妊娠ではありません。

ただ、いつもより出血が少なかったり、期間が短いようであれば着床出血や不正出血の可能性もあります。

個人差はありますが、おりもののような薄い経血や鮮血である事もあります。

妊娠による着床出血は2、3日で終わってしまう事が多いので妊娠検査薬で調べたり、婦人科で診察を受けましょう。

まとめ

生理のムカムカした吐き気は、生活習慣や食生活で改善できます。

薬に頼るのも良いのですが、自分の身体は自分自身が守るものです。

喫煙や飲酒もホルモンバランスを乱す原因にもなるので、少し考えてみてはいかがでしょうか。


PAGE TOP