• ラブシグナルは、女性の性の悩みや美容に関する悩みを解決する総合メディアです。

ラブシグナル - Love Signal

妊娠中の性行為って大丈夫?注意点をしっかり把握しよう

妊娠中の性行為って大丈夫?注意点をしっかり把握しよう

  • 性に関する悩み

待望の妊娠で喜ぶご夫婦も多いでしょう。

性行為は愛しあう二人のコミュニケーションでもあるので、妊娠の喜びを分かち合いながら、愛を確かめる時間も必要です。

妊娠中の性行為は、ポイントをつかめば安心して行えます。

妊娠初期から後期までの性行為の注意点などをまとめて紹介します。

妊娠中の性行為って大丈夫?注意点をしっかり把握しよう

妊娠中の性行為は安心?

妊娠中に旦那が浮気をした・妊娠をきっかけにセックスレスになった等と聞くと「妊娠中の性行為」について思うこともあります。

妊娠中の性行為についての正しい知識が無いことが、この様な状態を生み出してしまうのではないでしょうか。

お腹が大きくなると、ポーズや動きが制限される為に、嫌がる男性もいますし、お腹を気遣うと落ち着かないと性行為に消極的になる事もあるでしょう。

夫婦関係を維持する為にも、妊娠中の性行為は大切な事ですし、思いやる気持ちを持つことで愛情も深まります。

ちゃんとした知識を持てば、二人の愛を更に深めるチャンスです。

独りよがりにならないように、お互いに話し合い性行為を行いましょう。

妊娠中の性行為で注意したいこと

先ずは、妊娠中の胎児や母胎に問題が無い事が大切です。

妊娠中は何かとお腹が張ったり調子が悪くなりやすいので、そんな時は避けるようにしましょう。

また医師から性行為を控えるべきと診察された時には、OKが出るまでは我慢する事も大切です。

感染症になると、流産や早産リスクが高くなるので性行為の前にはシャワーをする事やコンドームを使用しましょう。

妊娠初期の性行為について

妊娠初期では、経過が良好であれば性行為も行えます。

お腹もまだ膨らんでいないので、ついつい今までのような性行為に挑みがちですが激しい行為は厳禁です。

つわりもある時期ですから、ついパートナーにそっけなくしてしまいますが、ここはきちんと話し合い落ち着いてからが良いと思います。

ここで強く断ると、一気にセックスレスへと雪崩込みます。

調子が良いときに、然り気無く誘いゆっくりと愛し合っていきましょう。

妊娠中期の性行為では何に注意すべき?

安定期に入ると安心と言われますが、激しい性行為は早産リスクを高めます。

お腹も徐々に大きくなるので、ゆったりした性行為が大切です。

妊娠中期に性行為を行うと、行為の後にお腹がはったり微量な出血があります。

子宮の血行が良くなっているので、粘膜も傷つきやすい時期です。

出血が止まらなかったり、張りが強くなるようなら直ぐに病院で受診しましょう。

妊娠後期の性行為はどうすべき?

かなりお腹も大きくなり、中期より動きが制限されます。

子宮の収縮が強くなる時期ですから、32週までは無理をせずに負担のない体位で行います。

この時期になると、直接的な性行為よりも愛撫やキスだけで愛を確かめあう方法もあります。

37週に入れば、いつ生まれても良い状態ですが激しい動きは控えた方が良いかも知れません。

中には、お迎え棒のジンクスをかついで性行為するカップルもいるようです。

妊娠後期の性行為で陣痛が早くにやってくると言われますが、刺激を与えることで子宮頸管が開きやすくなる事もあるようですが、一番安全な時期でもありますし、出産した後暫くは性行為もお預けなのでじっくりと愛を確かめ合うのも良いでしょう。

性行為での流産リスクは?妊娠初期は危険?

性行為での流産リスクは?妊娠初期は危険?-妊娠中の性行為

妊娠初期は、性行為以外でも流産リスクは高いものです。

着床が上手くいかなかったり、感染症で流産する事もありますが無理をしない限りは問題はありません。

ただコンドームをつけなかったり、清潔にしていない為に性行為で粘膜が傷ついたりすると感染症を起こすリスクは高くなります。

気をつければ、防げるものですからそれだけは注意してください。

医師から止められているときは性行為は出来ません

基本は経過が良好であり、性行為は問題ないと言われれば妊娠中の性行為は可能です。

たた精神的に不安定ですし、体力も落ちています。

腰痛があったりもするので無理は絶対禁物です。

性行為はなくても、抱き合って眠ったりお腹を触ったりする事で愛を深めあう事もできます。

二人の気持ちも大切ですが、赤ちゃんを優先して考えましょう。

挿入は浅くゆっくりと

妊娠中の性行為は男性の協力が大切です。

子宮を傷つけたり、圧迫するような体位は避けて貰いましょう。

挿入は浅く短時間で終わらせるのがポイントになるので、きちんと妊娠中の性行為についてあらかじめ話し合っておく事が大切です。

男性側からすれば、盛り上がってきた時に指示されると萎えてしまうもの。

性行為にこだわらず、あなたの身体を心配してくれるのなら、無理に性行為をねだらずにその気持ちを汲み取ってあげてください。

まとめ

性行為は妊娠中にも可能ですが、それだけが二人の愛を確かめたり絆を深くするものではないはずです。

相手が応じないから、自分がその気にならないからと避けるよりお互いにベストな形にしていくこと。

いつも変わらず過ごすこと、性行為の注意点を二人が理解する。

新しい家族の誕生を心待ちにしながら素敵な時間を過ごしてください。


PAGE TOP