• ラブシグナルは、女性の性の悩みや美容に関する悩みを解決する総合メディアです。

ラブシグナル - Love Signal

生理中の便秘解消法!原因と対策で痛みサヨナラ

生理中の便秘解消法!原因と対策で痛みサヨナラ

  • 生理に関する悩み

殆どの女性が一度は悩む便秘。

特に生理前から便秘が始まり、生理中はずっと便秘な女性も少なくないのです。

只でさえ不快指数の高い生理中の便秘はどうやって改善すればよいのかをまとめました。

生理中の便秘解消法!原因と対策で痛みサヨナラ

辛い生理と便秘

生理になると女性ホルモンが変化し、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンが盛んになります。

妊娠に備えた体作りには欠かせないホルモン「プロゲステロン」は、排卵後から生理中に多く分泌されるのでPMS(月経前症候群)が見られます。

頭痛や気だるさ、食欲増進もPMSですが実は便秘もその症状の1つなのです。

生理中分泌されるプロゲステロンが便秘の原因

生理中分泌されるプロゲステロンは、子宮の収縮を抑えて受精卵が安定し流産しないようにする働きをします。

妊娠していない女性はこの収縮が生理痛や腰のだるさとなって表れてしまいますが、この働きは子宮に近い大腸にも影響を与えているのです。

妊娠すると便秘になるのも、プロゲステロン(黄体ホルモン)の働きによるもので、妊娠中や生理中の便秘の原因は、大腸の壁から水分を吸収しようとするので便が固くなり出にくい・便秘状態に陥ってしまうから。

生理の出血が便秘を引き起こす

子宮内膜から古い卵子が血液にのり排出されるのが生理です。

健康な卵子を子宮に作るために毎月やってくるんですね。

不要なものとは言っても大量な血液が体から出ていくので『貧血』になってしまうもの。

貧血になれば栄養を運ぶ血液が減るので代謝が低下し、内臓の温度が低下します。

生理中は基礎体温は高くても、内臓が冷えてしまうと腸も働かず結果的に便秘になると言うのも理由のひとつなのです。

食欲の変化と便秘

生理痛の酷い人は『食事も出来ない』くらいに寝込みます。

そうなると水分量も当然ですが少なくなりますし、栄養が運ばれないと便が押し出されなくなり自力で排便できなくなるのです。

ゆっくりで良いので、食事はきちんと食べましょう。

生理中の便秘対策・便秘解消法まとめ

生理中の便秘対策・便秘解消法まとめ

生理中の便秘はホルモンが大きな要因ですが、生活習慣で予防をする事もできます。

生理中だけでなく日頃から生活習慣リズムを整えましょう。

適度な運動で便秘を改善

運動が苦手な人も普段から歩く事を意識したいもの。

辛い筋トレより継続的なウォーキングの方が代謝アップに繋がります。

内臓を元気にすれば便秘も改善されますから、歩く習慣つけや寝不足しないように気をつけてください。

特に女性はお腹回りの筋肉が弱いので、腰回りを鍛えておくべき。

伸ばしたりねじるだけでも効果アップですから、日課にしておきましょう。

食生活と水分摂取

食生活をしっかりする事は便秘解消だけでなく、ダイエットに美肌と女性には嬉しい事ばかりです。

偏った食事ではなく、規則正しいリズムとバランスを考えましょう。

特に朝食時は副交感神経が働くので、食べる事で排便もスムーズになります。

発酵食品や食物繊維が豊富や和食をメインに脂質や糖質は控えることも考えてください。

水分は午前中にたっぷり飲んで、昼からは控えめに1日2Lを目安にすると良いでしょう。

冷たいものよりも、白湯や温かなお茶の方が内臓を温め便を柔らかくするので、温かい飲みものをメインに考えていきます。

気をつけたいのは『水のがぶ飲み』。

目覚めたらコップに1杯の水を飲めば、かなり腸の働きが良くなります。

確かに水分は大切ですが、一気に飲むと体に残るので汗や尿で出る程度の量を小まめに飲むようにしてください。

一気に水を飲むとトイレが近くなるのも『飲みすぎ』が原因です。

午後は脚に水分が溜まりやすくなるので活動時間の長い午前中に良く動いて水分補給をすると、むくみも少なく便秘にも効きます。

コーヒーや紅茶は水分と換算しないので、水とお茶をメインに考えると良いでしょう。

牛乳や豆乳も水分ではないので、飲んだからと安心してはいけません。

これらは食事やおやつの一部なので、飲んだら水もしっかり補給をすることです。

最終手段の薬でサポート

生活習慣を見直しても、便秘が癖になると改善もスムーズにいかなくなります。

薬にも便をやわらかくするもの、腸の働きを良くするものなど様々です。

多用や常用は危険ですから、便秘薬は『生理中だけ』と決めて服用すれば自力排便も徐々に復活します。

便秘に効果的なお茶やサプリメントを飲むのも方法ですが、即効性のあるものは成分が強いので常用は避けた方が無難です。

まとめ

生理中はメンタル的にも不安定になるので、リラックスする時間を作るようにしましょう。

アロマテラピーや読書に音楽など、好きなものに囲まれて暫く過ごせば自律神経も安定し、体調も回復します。

生理中の便秘で無理にいきんで『痔』にならないように、体のリズムを整えてスッキリとお通じがある毎日にしてください。


PAGE TOP