• ラブシグナルは、女性の性の悩みや美容に関する悩みを解決する総合メディアです。

ラブシグナル - Love Signal

男性がイラッとする「自称サバサバ女子」によくある行動や言動は?

男性がイラッとする「自称サバサバ女子」によくある行動や言動は?

  • 知りたい男性心理

自称サバサバ女子、と聞くと、多くの人が「ああ、ああいう人か」と、身近な女性でイメージできる人物を知っているのではないでしょうか。そのくらい、自称サバサバ女子は広く存在しています。

自称サバサバ女子の最大の特徴は、自ら「私サバサバしてるから」と主張してくること。客観的に見てサバサバしているかどうかは周囲が判断することですが、自称サバサバ女子は自分で言ってきます。でもその実態は、本当の意味でサバサバしているのとは違う場合も。

ここでは、多くの男性が密かに苦手に感じている「自称サバサバ女子」の行動パターンと目立つ言動をまとめていきます。「サバサバしている」と自認している女性は、自称サバサバ女子に陥っていないか、ぜひセルフチェックに役立てて下さいね。

男性がイラッとする「自称サバサバ女子」によくある行動や言動は?

イラッとする「自称サバサバ女子」の行動パターン

大雑把でだらしない

自称サバサバ女の多くは、どちらかというとガサツで大雑把、ちょっとだらしない性格だといえます。そのだらしなさを、「サバサバしてて男っぽい性格だから、細かいこと気にしないんだよね」と、サバサバしているのを言い訳にしてごまかし通すことが自称サバサバ女の狙いです。

実際は、男っぽいイコールだらしないということにはならないし、男性でもきれい好きで几帳面な人は大勢います。にも関わらず、自称サバサバ女はサバサバしていることを理由にすれば、だらしなさも問題にならないと考えているわけです。自称サバサバ女のその魂胆が透けて見えると、やはり多くの男性がイラっとします。

悪口を悪気なく言う

自称サバサバ女は、サバサバしていてものをきっぱり言う性格イコール、発言が多少過激でもそういうキャラとして許される、と考えているふしもあります。

人の悪口を誰彼かまわず言ったり、場所もわきまえず他人を非難するなどの行動にでることも少なくなく、「ズバッと言える私すごい!」というような空気を漂わせる場合も。

でも、自称サバサバ女のこの行動にも要注意です。

万一、自称サバサバ女が言った誰かへの悪口に賛同するような態度を見せてしまうと、それを後からその人物へ告げ口されてしまう可能性もあります。自称サバサバ女は本当にサバサバしているわけではないことがほとんどなので、不必要に近づかず、悪口には乗らずに過ごすことが大切です。

男友達が多いアピール

そして、自称サバサバ女子といえばこの、男友達が多いアピールが目立ちます。何かというと男友達の多さと仲のよさを話題にだし、男友達と飲みにいったとか遊びにいったという話をしょっちゅうします。

自称サバサバ女が男友達の多さを自慢するのは、自分はサバサバしているから男友達が多い、男性とすぐ仲よくなれる、つまり普通の女子とは違う、というアピールでもあります。

この主張も、自称サバサバ女子本人は得意になっていますが、周囲で聞いていると大して面白い話でもなく、男性にも女性にもリアクションに困る感覚を持たせてしまうことがほとんど。無意識に男友達の多さを話題にだしがちな女性は、少し気をつけてみるといいでしょう。

意外と恋愛体質

また、自称サバサバ女子は、男友達の多さを自慢する割に、意外とその中身は恋愛体質だったりもします。

つまり、この場合は、あらかじめ「私ってサバサバしてるから」と周りに言い、男性は友達だと口にすることで他の女性を牽制し、意中の男性に自分が近づきやすくなるための作戦だといえます。

そうしておくことでライバルになりそうな女性から距離を取り、男性を友達だと見せかけたまま、水面下で彼氏にしてしまおうと考えているケースがあるわけです。この行動も、周囲の女性はもちろん自称サバサバ女子のターゲットになった男性も、その真意がわかるとちょっと引いてしまう類のものといえますね。

モテる女子には毒舌

そして、自称サバサバ女は、他の女性、特にモテる女性に対してはかなりの辛口・毒舌であるケースも珍しくありません。その女性のファッションやメイク、話し方や性格に至るまで、非常に手厳しいジャッジをすることも多いでしょう。

モテる女性の批判をした上で、男性に「だから、あんな女に引っかからないようにね」などと釘をさすことも。これも、モテる女性の評判を落として、自分の存在をよく見せようとする作戦である場合があります。

本当にサバサバしている女性であれば、不必要に他の女性の陰口を叩いたりしないもの。自称サバサバ女は、自分を有利にするためにサバサバしているふりをしていることが少なくないのです。

お酒に強いアピール

また、自称サバサバ女子はやたらとお酒が強いアピールをする場合もあります。

酒豪やザルといえば男性のイメージがあるせいか、何かというと「こないだ朝まで飲んでたけど、全然酔わないんだよね」とか「こないだ男友達とハシゴしてたら、そいつが先につぶれちゃったんだよね」とか、自称サバサバ女は自慢げに語ることが多いです。

でもこれも、聞かされている方としては正直、反応に困る話題ですよね。お酒に強いと言われたところで、だから?という感想しかでてこないものです。それでも、自称サバサバ女はビールを何杯飲んだとか、度数の強いお酒を飲んだとか、お酒強い自慢を繰り返して周囲をうんざりさせているケースが後を絶ちません。

男性に嫌われる「自称サバサバ女子」の言動

そんな、実際はサバサバしていないのにサバサバしているふりをする自称サバサバ女は、至るところに潜んでいます。そして、上で紹介した言動だけでなく、実にいろいろなサバサバ言動を繰り返しているのです。

その真意の多くは、「サバサバしている」とアピールすることで自分は他の女性と違うと位置づけ、男性からの注目を集めたいという思いで、独りよがりな自己顕示欲だということができます。本当にサバサバした性格の女性はそんな発想さえ持ちません。

以下に、自称サバサバ女がよく口にするアピールをまとめておきます。無意識にこういった発言をしてしまった経験のある女性は、自分を振り返るきっかけにしてみて下さいね。

「私ってサバサバしてるから~」

自称サバサバ女子といえばこれでしょう。とにかく口癖のように「私ってサバサバしてるから」と繰り返します。そしてこれによって、自称サバサバ女子は自分の長所はよりよく、短所はさりげなくカバーされるように、この発言を聞いた人が受ける印象をコントロールしようとしているのです。

「サバサバしてるから、何でも切り替えが早い性格なんだよね」と言えば、前向きでプラスの印象になりますし、「サバサバしてるから、ちょっと短気なの」と言うと、不思議と短気さよりもてきぱきしているようなイメージを強く与えることができます。自称サバサバ女子は、そうした自分のイメージ作りに敏感です。

「男友達といる方が楽なんだよね」

これも、自称サバサバ女子がよく口にする発言ですね。

早い人なら小学生くらいから、こういうことを言うようになりますが、この発言によって自分は他の女子とは違う、男友達とすごく気が合う、という自己アピールをしているわけです。

ただ実際は、自称サバサバ女子ではない女性でも、その多くが男友達といると気楽、過ごしやすい、同性相手より気をつかわないで済むと感じています。その意味では、自称サバサバ女子が「男友達といると楽」と言っても、大した差別化にはなっていないともいえますね。

男友達といる方が楽、などとわざわざ言うより、老若男女問わずコミュニケーションをはかることのできる女性を目指す方が、同性からも異性からもずっと注目されるようになります。

「女は面倒くさいよね」

こちらも、自称サバサバ女の常套句といえるでしょう。自称サバサバ女は会話の流れの中で、「私ってサバサバしてるから」→「男友達といる方が楽」→「女は面倒くさいんだよね」と続けることが多いです。

これも結局は、同性である他の女性を面倒くさいと断言してしまうことで、自分はそういう面倒な女ではない、という点を主張したいだけ。本人は得意げに言っている場合が多いですが、この発言を聞いた方は気分のいいものではなく、なんともモヤモヤしますよね。

なのに、自称サバサバ女はこの手の発言を何度も繰り返します。聞かされる方は男女を問わずイライラしますので、こういった発言をしたことがある女性は、今後は控えた方が自分のためになります。

「女の友達あんまりいないんだよね」

自称サバサバ女は、「女は面倒くさい」と断言した後に、「だから、女の友達あんまりいないんだよね」と平気で口にすることもありますね。

これはなんとも、聞いた方としては「だろうな」としか思えない発言です。他の女性が面倒な性格だからじゃなくて、お前がそんな性格だから女友達できないんだろう!と思わずツッコミを入れたくなってしまいますよね。

でも、それに気づいてもいないのが自称サバサバ女です。自称サバサバ女は、こうした言動のせいで周囲が離れていってしまうことがあっても、それが自分の発言のせいだとは考えない女でもあるのです。

「私、中身おっさんだから」

これも、自称サバサバ女子によく見られる発言です。

ただ、この発言の真意には2種類あって、自称サバサバ女子ではない女性が、自分を卑下して言う場合もあります。「自分はかわいい女子じゃないから」という意味で、そのように言っているケースです。

しかし、自称サバサバ女がこの発言をする時は、そうではなく明らかに狙いがあります。

あらかじめ自分から「私、中身はおっさんだから」と言うことで、周囲から「そんなことないよ」「女子力高いでしょ」とフォローしてもらうことを狙っていたり、「中身おっさんとか言って、意外とかわいいじゃん」と男性からのギャップ萌えを引き出そうとしているなど、考えがあってしている発言なのです。

「男友達に女として見られてないんだよね」

そしてこちらも、自称サバサバ女の典型的な発言の一つ。

男友達の多さ・仲のよさをいつも自慢している自称サバサバ女は、このように「男友達から女として見られていないアピール」をしてくることもあります。

これも、聞いた方としては「だから何?」という感想しかないですが、まさかそのままそう言うわけにもいかず、「そんなことないんじゃないの?」と無難に返す他ない会話です。

自称サバサバ女はこのように、周囲が反応に困る発言をすることがとにかく多く、そして自分では困らせている自覚がないので、そこがたちの悪いところでもあります。

自称サバサバ女子に心当たりがある人は注意!

こうして見ていくと、自称サバサバ女は扱いに困る女だな、という感じがしますが、一方で、「私もちょっとやっちゃってたかも」と感じた女性もいるかもしれませんね。

というのも、いわゆるぶりっこを嫌う女性・男性に媚びていると思われたくない女性が、ぶりっこに見られることを避けようとして無意識に、サバサバ女子ポジションをとろうとするケースが多いためです。

ぶりっこだと思われたくないからサバサバ女子でいようとするまではいいのですが、やり過ぎるとこういった、自称サバサバ女タイプに入ってしまう可能性があります。

自分の行動を振り返り、ぶりっこでもない、自称サバサバ女でもない、自立した自分らしさを持つ女性でありたいものですね。


PAGE TOP