• ラブシグナルは、女性の性の悩みや美容に関する悩みを解決する総合メディアです。

ラブシグナル - Love Signal

一重で何故悩む?一重女性の魅力教えます

一重で何故悩む?一重女性の魅力教えます

  • 知りたい男性心理

切れ長で知的な印象を与える一重まぶた。

ところが雑誌のメイク特集に登場するのは、パッチリした二重の女性ばかりです。

『一重は可愛くない』『モテない』と勘違いしていませんか?

目の大きさが美しさの基準ではありません。

一重には二重が欲しくても手に入らない魅力がたくさんあります。

自分の魅力を信じて、一重の美しさを存分にアピールしましょう。

一重で何故悩む?一重女性の魅力教えます

人形のような目になりたい?

日本人の整形でもっとも多いのは、二重への手術。

『二重はパッチリして可愛い』印象を持っている人の方が多いようです。

一重の人は『二重まぶた』にこだわりますが、二重にも種類があり皆が二重だから美人でもなければモデルでもありません。

問題視するのは顔のパーツのバランスなので、一重を気にするよりも自分の内面を磨いて上を向いてあるく方が素敵なハズです。

腫ぼったく見える、暗そうに見える人はまぶたの脂肪が多かったりむくみが原因の場合もあるので、顔のマッサージでスッキリさせたりメイクでオリエンタルな雰囲気を作ったりしてみましょう。

一重を気にするのは日本人だけ

日本人は外国人のようにハッキリした顔立ちを好みますが、欧米ではアジアのオリエンタルな一重にエキゾチックな魅力を感じています。

大陸ならではの容姿に、不思議なムードを感じると共に『知性』を強く感じるようです。

実際に私の友人に欧米人がたくさんいますが『日本の女性は品性と知性を感じる』と言いますし、彼等が好む容姿は黒髪に一重のオリエンタルな女性です。

特に品格と知性のある女性には強い魅力を感じるので『ディベート上手』で社会的な女性は人気です。

欧米人の女性も、日本人ならではのエキゾチックな容姿にコンプレックスを抱くことから、一重は世界レベルでも『美人』と言えるのです。

目の大きさを気にするのは日本人くらいです。

顔はキャンパスではない

日本人はキュートなメイクが好きなので、アイシャドウもピンクやホワイトパレットが多いです。

欧米ではアイシャドウは殆ど使わずにマスカラでシャープな目元にする方が美しいと言われています。

顔はキャンパスではなく『ありのまま』をいかに美しくみせるかが大切なこと。

アイラインとマスカラがあれば、シャープな一重は、知的でクール、そして愛らしさも演出できます。

まぶたではなく目の美しさが大切

ファッションの街パリのパリジェンヌやマダムはアイシャドウを使いません。

眉とアイラインにマスカラだけで、目のパーツをハッキリさせる事でファッションを楽しんでいます。

一重を美しく見せるのはアイラインのいれ方で『目を大きく』ではなく『美しくハッキリした印象をつける』事を考えましょう。


オリエンタルビューティと呼ばれる、世界で活躍するスーパーモデルは一重です。

欧米人は二重なので、東洋の一重で知的な印象がある日本人は、名だたるデザイナーからひっぱりだこです。

欧米人だけでなく、一般的な日本人男性は『目の大きさよりも性格』と答えるように一重だからの理由で恋愛対象から外す事はないようです。

最近人気のイケメン男性も、殆どが一重。

『目が大きいとモテる』はある意味メディア的な要素が大きいのではないでしょうか。

アイメイクの特集では、パレットがカラフルであればあるほど二重のモデルを起用した方が商品を目立たせやすいですよね。

世間の曖昧な基準に振り回されるよりも一重の良さを受け入れた方がプラスです。

まぶたは愛とは関係ない

知性を感じる

男性からも女性の一重には知性を感じます。

人間の感性はそれぞれですが、大きいから良いのではなく切れ上がった瞳は知性的。目は人を語ると言うように、真剣な姿に知性や品格を感じるのは男女同じです。

力強さ

二重の女性は、可愛い印象ですが、一重の目力に『頼もしい』『仕事が出来る』『テキパキしてそう』と感じるもの。

母親になる女性の母性と、人としての強さが重なると『こんな女性なら素敵な家庭が築けそう』と思う男性も多いですよ。

笑顔が可愛い

一重の女性が笑うと目が小さくなるのを気にするようですが、クールな印象の一重の女性が笑顔になると癒しオーラが発動します。

イメージがガラリと変わる事で男性はドキドキするんです。

クールビューティ

目力は大きさよりも、視線の角度です。

真剣な話の時の一重の目力は、相手にも真剣さが伝わりやすく納得させる力があります。

ミステリアス

一重はその奥に秘めた不思議な何かを感じさせます。

美しさは見た目ではなく、その人が持っている雰囲気や空気から流れるもの。

目からフェロモンが出ているのは一重だけ。

まとめ

最近のイケメン男子は、ジャニーズ顔と呼ばれる『マンガ男子』ではなく、切れ長のクールな瞳を持った人ばかりです。

異性の良さはわかっても自分の良さがわからないなんてもったいない。

もっと自信を持ち背筋を伸ばして、相手を見つめれば、そのオリエンタルワールドに恋が生まれるのではないでしょうか。


PAGE TOP